『KKT杯バンテリンレディスオープン』(4月17〜19日、熊本空港CC)で悲願のツアー初優勝を果たした菊地絵理香(26)。平均飛距離が233ヤード(53位、昨年5月測定)と“飛ばないプロ”で、持ち前のパットの正確さで掴んだ勝利といえる。もともと才能も実力も高く評価されてきただけに、今後は一気に女王争いに顔を出すと期待される。人気も急上昇中だ。

 そんな菊地にも思うようにパットが決まらない時代があった。2013年の『日本女子オープン』では、残り3ホールで単独首位に立つも2ホール連続3パットで自滅。精神面の弱さが指摘されたが、本人は「勝てないのはメンタルでなく技術」と猛練習に励んだ。

「中学時代も含め、練習のやり過ぎでこれまでに肋骨を3回も折ったほどの努力家。若手が台頭する中、優勝争いしながら結局2位に終わったことが3回と“勝てないプロ”の烙印も押されたが、腐ることなく遅くまでコースで練習していた」(ゴルフ記者)

 転機は今年2月の合宿だった。偶然居合わせた谷口徹から、「常にハンドファーストを心がけ、カップまでの距離感を合わせることだけを考えて」とアドバイスされたことを菊地は優勝後の会見で語っている。

 平均パット数は昨年度52位(1.8284)から今年度は2位(1.7595)にジャンプアップ。冒頭のツアー最終日には、9番で12メートル以上のバーディーパットを決めた。こんな人物評も。

「美人で見た感じはツンツンしてるけど、サインや写真撮影に気さくに応じるツンデレちゃん。誰からも愛される存在です。下半身が太くたくましく、そのせいかガニマタで歩くので、カメラマンは上半身のヌキで撮るのが常識になっています(笑い)」(スポーツ紙カメラマン)

 ゴルフ界の「エリカ様」も話題が豊富なようだ。

※週刊ポスト2015年5月8・15日号