『青木理の抵抗の視線』(トランスビュー)

写真拡大

「青木理」というジャーナリストをご存知だろうか。

 共同通信出身で、そのスタンスはいまどき珍しいリベラルなジャーナリストだ。先ほどの朝日新聞慰安婦問題でも、その官邸と右派によるバッシング報道に異を唱えるなど、一貫して権力への批判的姿勢を貫いている。

 さらに青木は外見もなかなかのイケメンだ。そのため首都圏連続殺人事件の木嶋佳苗被告から熱烈なラブコールを受けた過去もある。また『モーニングバード』(テレ朝系)にコメンテーターとして出演、お茶の間の女性から「知的なイケメン」「声も素敵」などの声も上がっているらしい。

 ちなみにネット上では、本サイト「リテラ」のライター・エンジョウトオルや田部祥太が青木のペンネームではないか、との情報まで流れたこともあった。しかし残念ながら、青木は「リテラ」に書いてくれるほどヒマでないらしく、実際には2度ほど執筆を依頼したものの断られてしまった経緯がある。

 そんな青木に、最近になって不倫スキャンダルが持ち上がっているというのだ。

「それがある週刊誌が青木とキャスター出身のタレント・Aがホテルで密会した写真を撮ったというものでした」(週刊誌記者)

 たしかに青木は昔から女性がらみの噂がいろいろあり、不倫のひとつやふたつしていてもおかしくない。そのため本サイトでもウラ取りを開始したのだが、一向にウラがとれないばかりかなぜか写真をおさえたと言われるメディアの存在さえ特定できない。一体、どういうことなのか。仕方がないので、青木本人に直撃してみた。

「え? リテラにまで情報が回ってるの? たしかに『週刊新潮』や『週刊現代』『日刊ゲンダイ』などから、僕がある女性とホテルに入ったとか、不倫しているのではと確認の電話がありました。その女性の名前も記者たちからは聞きましたが、本当に食事にさえ一度も行ったこともないですよ」

 うーん。信用していいものなのか。しかし、たしかにいくら取材をしても、青木の不倫に関して具体的なものは出てこなかった。ではいったなぜそんな情報が流布されているのか。

 そこで、情報の出所をたどっていくと、ある芸能関係者がこの噂を口にしていたということがわかった。しかもこの芸能関係者は芸能界に絶大な影響力を持つバーニングプロに近い人物だという。

 バーニングの周防郁雄社長といえば、芸能界だけでなく、テレビ局にも大きな影響力をもっている人物で、最近は盟友でテレ朝の番組審議会委員長をつとめる見城徹幻冬舎社長がテレ朝の報道番組、情報番組の人事に手をつっこんできているという噂がある。

「見城さんと周防さんは、先頃、古賀(茂明)さんの発言で話題になった『報道ステーション』の人事にも関与しているといわれていますが、一番、影響力をもっているのが『モーニングバード』なんです。キャスターの羽鳥真一はバーニング系の所属ですし、同番組には見城さんの腹心の幻冬舎取締役・舘野(晴彦)さんはじめ、二人に近い人物ばかりがコメンテーターに起用されている。そんななか、数少ない非バーニング系が青木さんなんです」(テレビ朝日関係者)

 また、見城社長は安倍首相と頻繁に会食を繰り返し、PR本を幻冬舎で出版するなど、安倍首相のマスコミ対策指南役としても知られている。もしかしたら、今回の不倫情報は、自分たちが影響力を行使できない出演者で、しかも安倍政権批判を続ける青木を同番組から追い出すために、周防、見城両氏の周辺が仕掛けたということなのだろうか。

 ただ、まったく別の見方もある。実は本サイトが最初にこの話を聞いたのは、芸能関係者でなく、内閣情報調査室や公安とマスコミのパイプ役をつとめる人物からだった。

 本サイトでも再三指摘しているように、官邸は今、政権を批判する政治家、メディア、ジャーナリストたちのスキャンダルを内調や公安を使って収集、それをしきりに週刊誌に流して記事化させるという姑息な手段を講じている。

 しかも青木は共同通信時代から記者として公安警察や検察を取材し、それをまとめた『日本の公安警察』(講談社現代新書)や『国策捜査』(角川文庫)などの著書や雑誌の連載などでも、公安警察や内調、検察を徹底批判してきた。

 つまり、今回の場合も、自分たちに批判的な青木の言論活動を苦々しく思っていた官邸の意を受け、公安や内調が周辺を洗い、不倫情報をリークした可能性がおおいに考えられるのだ。

「実際、内調は、けっこうこういう情報操作のやり方をやるんです。目をつけた人物のスキャンダルを洗い、ウラが取りきれなかった場合、情報をマスコミに流すんです。そこでマスコミはその怪しい情報を元に、張り込みやウラを取るべく取材に動く。もし、本当にスキャンダルが取れればしめたものですからね」(週刊誌記者)

 もっとも、当の青木にこれらの見方をぶつけたが、「それはないでしょう。番組から降板させたいだけなら普通に降ろせばすむ話だし、官邸や内調が動くなんて、僕はそんな大物じゃないですよ」と一笑に付すばかりだった。

 しかし『報道ステーション』(テレ朝系)のケースを見ても分かるように、権力のマスコミ支配はどんどん進んでいる。情報操作や捏造だってお手の物だ。権力を批判する以上、青木にはもうちょっと警戒心をもて!とアドバイスしておきたい。
(伊勢崎馨)