世界最大の「水上メガソーラー」が日本に登場

写真拡大

水上設置型としては世界最大クラスのメガソーラー発電所が、兵庫県に登場。水面から冷却効果を得られるといった利点がある水上ソーラーは、世界各地で採用され始めている。

大規模な水上設置型のソーラー発電所が、日本で完成した。兵庫県加東市の貯水池(西平池と東平池)につくられたこのメガソーラーは、ふたつ合わせて1,000戸の住宅に電気を供給することができる。

「世界最大の「水上メガソーラー」が日本に登場」の写真・リンク付きの記事はこちら

日本では、ソーラー発電がブームだ。福島原子力発電所事故が発生した2011年からの2年間で、この国のソーラー発電の規模は2倍になっている。

加東市の水上メガソーラーは、電子機器大手の京セラ東京センチュリーリースの合弁会社が建設したもの。完成に要した期間は、わずか7カ月だった。

京セラのリリースによれば、このメガソーラーは11,256枚の太陽電池モジュールによって、年間330kWhの発電が可能。計2.9MWの発電能力をもち、そのうち1.7MWを占める西平池の発電所は、水上設置型としては2015年4月8日の時点で世界最大だという。

さらにこの発電所は、台風に強い強度設計とモジュール式構造、紫外線や腐食に強い高密度のポリエチレン製などの特徴をもち、水の冷却効果によって、地上に設置するよりも11%以上の発電量が得られるという。水面を覆うソーラーパネルは、貯水の蒸発と藻の発生を抑えることもできる。

世界に広がる「水上ソーラー」

水上設置型のソーラー発電所は、英国に登場しているほか、米国カリフォルニア州でも大規模プロジェクトが計画されている。ブラジルは、350MWというとてつもない発電能力をもつ水上設置型の発電所を、アマゾンのウアツマ川に建設することを明かしている。

京セラも2014年12月、今回完成したものよりもさらに大きい約13.4MWの発電量をもつ水上設置型発電所を、千葉県市原市にある山倉ダムにつくる計画を発表している

関連記事太陽熱発電の人工島、スイスの湖で建設

TAG

FloatingSolarPlantJapanVideoWaterWIRED UK