GW中に試食フェア開催!東京女子がチェックしておきたい美食のウェディング会場3選

写真拡大 (全4枚)

お呼ばれのたびに妄想してしまう自分の結婚式。「ドレスも白無垢も着てみたい」「チャペルは必須」「リゾートも気になる」etc.花嫁の好みや呼ぶ人数によって式の様式はいろいろだけれど、絶対外せないポイントとして誰もが挙げるのが「婚礼料理の美味しさ」なのでは? 一生に一度の晴れ舞台では、彼も自分も納得する美味しい食事で家族や友人を喜ばせたいもの。そこで今回は、感動の美食で会を盛り上げてくれる式場を厳選してご紹介。GW中も試食会付きのフェアが開催されるので、連休の予定がノープランというカップルは足を運んでみて。◆日本を代表するシェフの“素材を活かした”絶品フレンチ/オテル・ドゥ・ミクニ(外苑前)


瀟洒な一軒家を貸し切りにして、完璧なプライベートウェディングがかなうフレンチレストラン。巨匠・三國清三シェフによる、素材そのものが持っている力をいかしきるフランス料理“キュイジーヌ・ナチュレル”で、本物を知っているゲストを丁寧にもてなしたい。シェフ三國清三氏が想いを込めて作り上げるメニューは、新郎新婦に縁のある土地の食材を取り入れるなど、一組一組違ったラインナップ。オテル・ドゥ・ミクニならではの華やかかつ繊細なディテールで、世界にたったひとつのケーキをデザインしてくれるのも嬉しい。

2015年5月6日まで開催の予約制フェアは午前と午後の部に分かれており、いずれもプレミアムランチを1名5000円というフェア参加者限定のプライスでいただくことができる。

◆美食レストランとして女子の口コミ年間ランキングNo.1/リビエラ青山(外苑前)


憧れの青山エリアにありながら、緑に包まれた洗練空間が広がる贅沢なゲストハウス。こちらは実は、レストラン「リビエラダイニング グランブルー青山」としても人気を集めており、その実力はオズモール・レストラン部門の口コミ年間ランキングで1位を獲得するほど。やわらかく仕上げられたボリューミーな牛肉など文句なしの質と量に加え、屋上菜園の採れたて野菜が鮮やかに盛り付けられた品々には、「食べる前から心が躍る」とのコメントも。実際に利用した東京女子が絶賛する美食のコースで、大切な友人たちにうっとりするような至福のひとときを贈りたい。

GW中も毎日ブライダルフェアが開催され、式場見学が初めてのカップルもウェルカムな雰囲気。すべての回でシェフ特製のフルコース料理かワンプレートをいただけるのでチェックして。

◆「ひらまつ」のイタリアンにライブ感のある演出/アルジェントASO(銀座)


あの「レストランひらまつ」系列のレストラン。ここでは、イタリアンのカジュアルなイメージを覆す、繊細で独創的なアレンジを施した料理に注目して。ゲストの目の前でサイフォンを使って仕上げるスープや、薫香と共にサーブされる自家製スモークサーモンなど、ライブ感のあふれる一品がゲストの記憶に残ること間違いなし。食後は20種類ものプチスイーツが並ぶデザートブッフェで、女性ゲストの満足度も最高潮。また、レストランにはめずらしい広々としたブライズルームも特徴的。光に包まれた純白の空間が、特別な一日を美しく演出してくれる。

デザートプレート付き見学会のほか、スペシャリテの「からすみのパスタ」などを試食できるプレミアムフェアも月に数回開催。まずは空き状況を問い合わせてみて。

「いつか結婚式を挙げたい」と思っているなら、いずれも知っておくべき会場ばかり。結婚が決まっている人も、まだもう少し先かなという人も、デート気分で美食のウェディングフェアにおでかけしてみてはいかが?