写真提供:マイナビニュース

写真拡大

千葉県・幕張メッセで開催中の「ニコニコ超会議2015」アデランスブースに25日、ものまねメイクで知られるざわちんが出演し、人気ゲーム『Final Fantasy X-2』の人気キャラクター「リュック」のものまねメイクを披露した。

ざわちんは初めてコスプレに挑戦し、キャラクターは『Final Fantasy X-2』に登場するリュック。『Final Fantasy X』シリーズを通しての人気キャラクターで、『Final Fantasy X-2』では三つ編みをアクセントにしたアップスタイルのロングヘアで登場する。再現するには困難な髪型だが、そのクオリティは高く、制作したアデランスの担当者によると「こういったウィッグをつくる場合、普通は別パーツをつくって組み合わせるが、今回はすべてひとつひとつ編んだことで自然になった」と話し、「リュックの躍動的な感じを出したかった」と完成度に自信を見せた。

ウィッグをつけたざわちんも「地毛みたいなつけ心地」と納得の表情で、「コスプレにハマるかな」と話しつつ、「普通のウィッグは生え際を自然に見せるのに苦戦するんです。今回のウィッグはバンダナをしているから見えないけど、おでこから綺麗になるようになっていてすごい。すべてにこだわりがあるから、コスプレはすごいと思います」とクオリティの高さを実感。

今回のメイクは約は1時間をかけて仕上げたというざわちん。アニメキャラのメイクは以前に『アナと雪の女王』に挑戦して以来、2回目だという。続いて登場したのは、ざわちんがメイクで変身させた一般の参加者。『ソードアート・オンライン』の「アスナ」に変身した女性は、キャラクターに並々ならぬ思い入れを持っているといい、ウィッグについても前髪の長さなどをアデランス担当者と細かく話しあって決めたという。ざわちん曰く、「アスナ」はシンプルで逆に難度が高かったようで、アイシャドーをヘアカラーに合わせたり、二重を普通と少し変えて強調するなどの工夫が凝らされているそう。

最後は、来場者から選ばれた一人が、ざわちんのメイクで『Final Fantasy X-2』の「パイン」に変身する企画が行われ、数時間後に見事なコスプレ姿を披露。ざわちんによると、パインに似せるためにあえてアイラインを引かず、「長さの違うつけまつげを3枚重ねた」とのこと。イベントでは、パインに変身した女性の友人がたまたまリュック姿で超会議に参加していたことから、急きょステージに2人のリュックが並ぶ一幕もあった。

普段のものまねメイクとはまったく違うコスプレメイクに、ざわちんは「楽しかった! 新鮮な経験でした」と満足気な表情を浮かべていた。

(山田井ユウキ)