北海道北部の川で幻の魚「淡水魚イトウ」を撮影

ざっくり言うと

  • 日本最大の淡水魚イトウが北海道北部の川を産卵のため遡上している
  • 体長は約1メートルで「幻の魚」と呼ばれている
  • 雄は体を真っ赤な婚姻色に変え、雌をめぐって争う場面もあった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング