一ノ瀬は首位で後半へ!復帰後初Vなるか?(撮影:ALBA)

写真拡大

<フジサンケイレディスクラシック 最終日◇26日◇川奈ホテルゴルフコース 富士コース(6,367ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー『フジサンケイレディスクラシック』の最終日。全選手がハーフターンを終え、この日首位からスタートした一ノ瀬優希は2バーディ・ノーボギーで2つ伸ばしトータル9アンダーで首位をキープし後半へ入った。
首位の一ノ瀬優希の特選PHOTOを写真館でチェック!
 また、4位タイからスタートした松森彩夏は1番でボギーを叩くも、4番バーディ、5番でイーグル、6番バーディで巻き返し、首位と1打差のトータル8アンダー2位に浮上した。
 続くトータル7アンダー3板には藤田光里とカン・スーヨン(韓国)。さらにイ・ボミ(韓国)、成田美寿々、原江里菜、表純子の4人がトータル6アンダーに並び5位タイとしている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>