ロボット掃除機としての基本機能に加え、おしゃべりや音声操作も充実

写真拡大

シャープは、ロボット掃除機「COCOROBO(ココロボ)」から、「RX-V95A」「RX-V70A」の新モデル2機種を2015年4月下旬に発売する。価格はいずれもオープン。

運転中のアピールや挨拶など、会話や音声操作もできる

業界初となる、部屋の隅のゴミを風の力でかき出す「エアーすみブラシ」を搭載した掃除機。超音波センサーで部屋の隅を検知し、自動で本体側面から隅へ風を強く吹き付け、左右に「首振り走行」。従来は取りづらかった部屋の隅のゴミをかき出す。ゴミは左右2つのサイドブラシと回転ブラシ、「大風量ターボファン」で集めて吸い込む。

走行プログラム「縦横無じんシステム」を新開発。部屋の状況に応じ新搭載のジャイロセンサーを使用し、規則的な縦・横のジグザグ走行を効率的に行う。家具の脚周りをくるっと沿うように動くなど、自動で走行パターンをランダム走行に切り替える。また、独自の「ココロエンジン」が進化し、運転中のアピールや挨拶など、会話や音声操作ができるコミュニケーション機能を充実させた。

「RX-V95A」には、家具などが多い場合、ゴミが多い箇所で「8の字」に集中走行したり、ゴミが多い箇所を見つけ吸込パワーを上げるときに「パワーアップ!」する機能などが追加されている。

電源は約1100回の繰り返し充電で約3年間使用可能な、高性能リチウムイオン充電池を内蔵。