超高級トイレットペーパー『羽美翔』(3ロール/税込・5400円)

写真拡大

 毎日欠かさず使う消耗品であるトイレットペーパー。12ロールで300円前後が一般的だが、3ロールで5000円もする最高級品があるという。その高級品は、『羽美翔』(はねびしょう・3ロール/税込・5400円)だ。製造するのは高知県の望月製紙。

「世界一を目指し、こだわりの最高級の商品を作りたいと思ったのがきっかけです。トイレットペーパーの柔らかさを追求すればするほど、原料のパルプの配合が難しく、すぐに破けたり、硬くなったり…。機械にも負担をかけ、1週間トイレットペーパーが製造できない時もありました」

 同社の森澤憲司さんはそう振り返る。

 製造機械を高速回転させると紙全体が強く引っ張られ、表面がつるつるした硬い紙になってしまう。柔らかさを追求するためには、紙をなるべく引っ張らずにゆっくり巻き取らなければならない。さらに原料パルプを溶かす叩解を最小限にとどめることで、ふんわり感は増し、パルプ繊維の特長を生かすことができるようになる。

「世界に100種類以上あるパルプの中から最高級の純粋パルプを厳選。飲料水にも使える清流・仁淀川の伏流水を使用。日によって変わる気温や湿度に合わせ、原料を溶かす叩解度、乾燥温度、クレープ度を微調整しながら、作り上げています。

 他社製品に比べて5〜10倍の時間がかかり、1日に150ロールしか製造できない、プレミアムロールです。ふんわり、柔らかで、しっとりした使い心地ですが、ローションや香料も一切使っていません。敏感肌のかたにも安心して使っていただけます」(森澤さん)

 京都の手張り職人による高級土佐和紙が使われた外箱も美しい。マツコ・デラックスが、明石家さんまへの誕生日プレゼントに贈ったという逸話もうなずける。製造方法の微調整に加え、社長自身の肌で品質を毎日チェック。柔らかさを追求し続ける「羽美翔」。その肌触りを実感してみたい。

※女性セブン2015年5月7日号