「超ホラーゲームお化け屋敷」

写真拡大

4月25日(土)に、幕張メッセで開催されたイベント「ニコニコ超会議2015」。今年は1ホールから11ホールすべてを貸し切って、史上最大規模で行われたが、その中でも注目だったのが「超ホラーゲームお化け屋敷」だ。

【悲鳴じゃ足りない! 想像以上に怖すぎた超会議のお化け屋敷を振り返る…の画像・動画をすべて見る】

開場とともに大勢の人が押し寄せ、1時間が経った11時の段階で120分待ち。まさに遊園地での人気アトラクション並の来場者が列をなしていた。

そんな大注目の「超ホラーゲームお化け屋敷」。企画担当者が、これまでの人生の中で一番自信があると語る程のお化け屋敷。一体、どのくらい怖かったのか。実際に体験してきたので、その怖さを語っていく。(当日は内部撮影NGだったのでテキストだけで!)

絶叫するだけじゃ済まない


RE_DSC_0010



RE_DSC_0007



「超ホラーゲームお化け屋敷」は、ニコニコ動画で人気の自作ホラーゲーム「青鬼」や「魔女の家」「DeathForest〜森からの脱出〜」などの世界観を再現したお化け屋敷。

ファンはもちろんのこと、作品を知らない人にとっても、思わず叫んでしまう恐怖演出が盛りだくさんとなっていた。そのボリュームは想像以上のもので、予想よりも、入り口から出口までの距離が長い

屋敷内はほとんど真っ暗で先が見えない。手探りで前に進みながら、時にちょっとしたアクションを起こし、出口を目指していく。途中、かがむ、逃走、体を反るなど、絶叫するだけでなく、体が自然に反応せざるを得ないエグい恐怖演出が数多く待ち受けていた。

ネタバレになってしまうので多くは語らないが、終わった後、叫びすぎて声が枯れ、なぜか汗がびっしょり。謎の疲労感が襲ってきた。

「超ホラーゲームお化け屋敷」は、HALL7-95で展開中。超会議にきたならば、是非とも体験するべきブースの1つだろう。体がアクションを起こしてしまう演出こそが、ゲームで体験する恐怖演出との一番の違いであり、お化け屋敷ならではの魅力なのかもしれない。

一緒に入った編集部員/本当に怖そうだった

一緒に入った編集部員/本当に怖そうだった