ネット掲示板に参加すると幸福度がアップする:研究結果

写真拡大

オンライン・フォーラム(ネット掲示板)に参加すると幸福度がアップするという研究結果が発表された。ユーザーの心の支えになり、オフラインでもフォーラムのテーマに積極的に取り組むようになるという。

「ネット掲示板に参加すると幸福度がアップする:研究結果」の写真・リンク付きの記事はこちら

英国エクセター大学の研究チームはこのほど、オンライン・フォーラム(ネット掲示板)のユーザーに関する調査結果を発表した。

『Computers in Human Behaviour』誌に発表された研究結果によると、SNSが台頭しているにもかかわらず、英国ではインターネットユーザーの10%、米国ではインターネットユーザーの20%がオンライン・フォーラムに書き込んでいるという。論文執筆者らは、おそらくフォーラムでは匿名でやりとりできることが理由だろうと考えている。

研究では、ふたつの異なるフォーラムのユーザーグループを対象に調査が行われた。精神医療関連のように、偏見をもたれかねないテーマが中心のフォーラムのユーザーと、スポーツ活動のように、もっと一般的なテーマのフォーラムのユーザーのグループだ。

それぞれのユーザーグループが、共通の質問に回答した。質問内容は、フォーラムへの参加理由、フォーラムが期待通りだったかどうか、人生におおむね満足しているかどうか、フォーラムで話し合われた問題に「現実世界」でどう取り組んでいるかなどだ。

その結果、フォーラムユーザーたちはすでに、フォーラムに参加することのプラス効果を十分に認識していた。研究チームは、フォーラムに参加することで利益を得られる者はもっと大勢いる可能性があると考えている。

とりわけ、精神医療関連のような、偏見をもたれやすいテーマについて話すためにフォーラムを利用するユーザーは、参加のメリットが大きいことがわかった。論文執筆者は次のように書いている。

「フォーラムは、ユーザーたちの幸福度を高めて、社会的なリソースの選択の自由を強化するだけでなく、フォーラムで扱われるテーマへの積極的な取り組みや、オフラインでフォーラムのために活動したいという欲求も高めることもできる。つまり、オンラインでの活動により、オフラインでの生活が改善する可能性がある」

論文の主執筆者である心理学者のルイーズ・ペンドリーは、以下のように述べている。「今回の研究により、フォーラムが大きな心の支えになっていると感じているユーザーが多いことが明らかになりました。特に、比較的非難を浴びやすい状況に関する情報を求めるユーザーの場合はそうです。また、どちらのタイプのフォーラムユーザーであっても、ほかのフォーラムユーザーとよく関わっている場合は、ボランティアや寄付、キャンペーンといった、フォーラムに関連するオフライン活動への参加意欲も高いことがわわかりました」

TAG

HealthMental HealthOnlineForumResearchSNSWIRED UK