「パウル・クレー だれにも ないしょ。」展が栃木&兵庫で開催 - 日本初公開含む約120点

写真拡大

「パウル・クレー だれにも ないしょ。」展が宇都宮美術館と兵庫県立美術館で開催される。期間は、栃木会場が2015年7月5日(日)から9月6日(日)まで、兵庫会場が9月19日(土)から11月23日(月・祝)まで。

[ この記事の画像をもっと見る ]

これまで国内で数多くの個展を開催するほど、高い人気を誇るパウル・クレー。記号的なモチーフや格子などを変則的に組み合わせ、謎めいた作品を生み出してきた。近年の研究で、作品の下塗りや裏側に、別のイメージを意図的に埋蔵していたことが発覚し、ますます作品に潜む“秘密”やクレー自身の謎が深まっている。

本展では6つのテーマに分けて“秘密”をキーワードに作品を紹介。日本初公開の31点を含む、約120点が集結。その中には、クレー自身が「特別クラス」とランク付けした愛蔵作品約40点や、子供や奇妙な動物、天使を描いた“秘密”の世界に通じた作品も含まれる。また作品の裏側や内側に埋め込まれたイメージにも光を当て、裏と表を対比、または隠しイメージにフォーカスを当てた展示も行う。

第1章「何のたとえ?」では、矢印やフェルマータといった、繰り返し描かれた記号的モチーフにクローズアップし、「クレー・コ―ド」とも呼びうる記号と比喩の世界を読み解いていく。第3章「デモーニッシュな童話劇」では、作品を通して、魔的でどこか童話風の世界へと鑑賞者を引き込んでいく。クレーにとってモダンな抽象表現である“グリッド(格子)”の誕生との結びつきも紹介。クレーの特徴を各章で取り上げ、その謎に正面からぶつかる。

ぜひ足を運んで、クレーの世界観を体感してみてはいかがだろう。

【展覧会詳細】
パウル・クレー だれにも ないしょ。
■栃木会場
開催期間:2015年7月5日(日)〜9月6日(日)
時間:9:30〜17:00 ※入場は、16:30まで。
休館日:月曜日(ただし7月20日は開館)、7月21日(火)
会場:宇都宮美術館
住所:栃木県宇都宮市長岡町1077
TEL:028-643-0100

■兵庫会場
開催期間:2015年9月19日(土)〜11月23日(月・祝)
時間:10:00〜18:00 ※入場は、閉館の30分前まで。
※特別展開催中の金曜日と土曜日は、20:00まで。
休館日:月曜日
会場:兵庫県立美術館
住所:兵庫県神戸市 中央区脇浜海岸通1-1-1
TEL:078-262-0901