ビートたけしが中韓への謝罪の必要性を訴え「腹切って見せる方が良い」

写真拡大

24日放送の「NEWS ZERO」(日本テレビ系)で、ビートたけしが日中・日韓関係について持論を展開した。

番組では「北野武 日本の今を斬る」と題して、キャスターの村尾信尚氏とビートたけしが対談した。話題は、監督最新作「龍三と七人の子分たち」から始まり、若者論、格差社会、そして日中・日韓関係にまで幅広く展開した。

村尾氏が日本と中韓が歴史認識で対立していることについて触れると、たけしは「日本はまずとにかく、カムフラージュの謝り方じゃなくて『申し訳ない』と、ハッキリ詫びるというかね。カタを付けないとダメでしょう」と誠意ある謝罪の必要性を説いた。

たけしはさらに「話し合いで補償もしたはずなんだけど」と前置きしつつ、「武士道みたいにはっきりさせて、腹切って見せる方が良いんじゃないかと思うんですよね」と訴えた。また、「そろそろ、若い世代でイラついてるのが、随分出てきてる」との懸念も表明した。

たけしは「何をやったって反対があるんだから」と指摘し、「だけど、それは命懸けてやらない限り、両方に良い顔なんてできるわけないわけ」と、中国や韓国に対して、日本に英断が必要であることを語った。

スタジオでは村尾氏が、日本社会の話になると真顔になるたけしが印象的だったと対談を振り返った。村尾氏ははっきりものを言うたけしとの対談で、「考えに賛否両論はあると思うんですけど、どちらの意味でも、ものが言いにくい世の中にはしたくないと、改めて思いました」と感想を述べた。

【関連記事】
ビートたけしがコメンテーターの自民党批判に無言を貫く
ビートたけしが語った“凡人”のやるべきこと「1%の才能を持つ者は99%の努力を上回る。我々にできることはせいぜい努力くらい」
安倍首相が生中継で質問を無視し持論を熱弁 村尾キャスターの名指し批判も