フランク・ゲーリー設計、Facebookの「地味」な新オフィス

写真拡大

カリフォルニアにできたフェイスブックの新しいオフィスは、あのフランク・ゲーリーが手掛けているにも関わらず、目立つ箇所があるとすれば屋上庭園があるくらいで、案外地味なデザインに仕上がっている。その理由とは?

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN 「フランク・ゲーリー設計、Facebookの「地味」な新オフィス」の写真・リンク付きの記事はこちら
2

2/6

3

3/6

4

4/6

5

5/6

6

6/6

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN 1

2

3

4

5

6

フェイスブックの新しいオフィスビルには、ニューヨーク市の「ハイライン」に匹敵するほど広々とした道が備わっている。「半マイルほどの長さの環状線なのですが、考え事をするにはぴったりの場所なんです」と、ローリ・ゴーラーは言う。

関連記事OMAとOLINの「ワシントンD.C.版ハイライン計画」

同社の人事・採用部門長を勤めるゴーラー氏は、その環状線をすでに歩いた数少ない人の内のひとりだ。新しいオフィスビルは、カナダ系アメリカ人建築家のフランク・ゲーリーによって設計された。フェイスブックはこの通称「MPK 20」という建物に移転している。

あわせて430,000平方フィートに繰り広げられるこの新しい建物は、シリコンヴァレーの巨人達が住む多数の建築物の内のひとつに過ぎない。アップルは巨大な宇宙船のようなキャンパスの建設を計画し、グーグルはクレーンやロボットによって定期的に形を変えるガラス製の「超透明」な本社ビルをにつくる予定である。さらにサムスンは、サン・ノゼの現拠点からすぐの場所に、自社のガラスの城を落成間近である。

関連記事まるで秘密基地のようなフェイスブック新社屋:ギャラリー

しかし、フェイスブックのオフィスビルはすこし趣が違っている。これはとても、そう、フェイスブックっぽい。

およそ2,800人の従業員を抱えるのに十分なほど大きく、あのフランク・ゲーリー(LAのウォルト・ディズニー・コンサートホールに銀色の帆のような壁にしつらえ、ビルバオで漂う戦艦を美術館に変えた人物である)が設計を手掛けた建物だ。そのわりに、この建物は地味だ。

ゲーリー氏はフェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOについてこのように述べている。「はじめからマークは、気取らず、コストパフォーマンスの良い空間を望んでいました。デザイン過剰な建物にはしたくなかったのでしょうね」。

内部はアイデアの自由な行き来を醸成するために設計された、巨大な一つの空間なのだという。

「人々が一緒に活動できる場所です。わたしたちのオープンで風通しの良い文化をより強めてくれるでしょう」。グローバル不動産担当副社長ジョン・テナネスは430,000平方フィートの建物内部をそう評する。

高速道路を挟んで反対側に建っているとはいえ、新しいビルはこの企業の現在の本拠地の延長としての意味を持つ。ハイウェイの地下にはトンネルがあり、そこを自転車や電車、歩く人々が往き来する。ゴーラー氏は、新しい建物は、以前の建物と同じように見え、感じられるように設計されているのだと語る。

テナネス氏によると、すでに転居した従業員も居るものの、建物自体は完成していないということだ。いまはまだ「生」の状態なのだと彼は言う。

「われわれの建物はいわば業界のキャンバスといったところでしょう。引っ越して来たチームには、芸術作品であれ、家具であれ、ポスターであれ、なんらかの形で自己表現をするように勧めています。未完成の状態の建物に付け足していくのです」

TAG

ArchitectureFacebookFarmingFuture of WorkOfficeWIRED US