水谷豊×中村江里子、『王妃の館』パリ長期ロケの舞台裏を語る
 4月25日(土)に全国公開される、パリを舞台にした映画『王妃の館』。伝説的なホテル「シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ」(王妃の館)に集まったワケありのツアー客たちと、おかっぱ頭の小説家「北白川右京」(水谷豊)の珍騒動を描くコメディです。

 右京のファンキーすぎるファッションや、邦画初のヴェルサイユ宮殿ロケが話題のこの映画。ロケで22泊もパリに滞在したという主演の水谷 豊さんと、結婚後パリに在住して14年のフリーアナウンサー・中村江里子さんがパリの魅力について語り合いました。

◆歩き続けても飽きない街

中村:パリの街も楽しまれました?

水谷:撮影の合間の時間にずいぶん、パリの街を歩きました。全然飽きないんです。歩き続けてふと気がつくと4、5時間も歩いている。

中村:歩けてしまう街なんですよ、パリって。たぶん、東京を4、5時間歩こうとすると、とてもつらいと思うんですけど。

水谷:パリにはどこに行ってもカフェがありますよね。これがもうお茶好きの僕にはたまらない(笑)。ピカソやコクトーなどが常連だったカフェにも行きました。ここにピカソが座ってお茶を飲んだんだとかね。そんなことを普通の生活の中で味わえるのは素晴らしいと思いました。

◆ルーブル美術館とヴェルサイユ宮殿でのロケ

⇒【画像】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=246661

中村:映画の中にはルーブル美術館やヴェルサイユ宮殿のシーンもありましたね。もちろん休館日に撮影されたのだと思いますけれど、あの場所を一人占めできてうらやましい。私たち、フランスに住んでいても、あんなふうにゆったり見られることなんてありませんもの。

水谷:モナリザなんかも、人が多いときには10メートル、20メートル後ろからしか見られないそうですね。

中村:そうですよ。

水谷:僕たちは目の前で見ていいわけですから。誰もいないところで。

中村:ああ、うらやましい(笑)。

水谷:ヴェルサイユも宮殿のいろいろなところを見て、やっぱりすごいと思いました。観光に毒されない何かがありますよ、あの中には。

中村:はい、あります。

水谷:このベッドでマリー・アントワネットが寝てたんだ、とかね。ドキドキします。

中村:ドキドキします(笑)。

◆一日8時間以上は働かないフランス人

中村:でも日本の撮影と違うところはあったでしょう?

水谷:そうですね。向こうは労働時間がとても厳しくて、一日8時間なんです。

中村:そうですね。

水谷:撮影が終わると間を何時間あけなければいけないと決まっていて、ときどき監察官みたいな人が見回りに来るんです。違法行為があると責任者が逮捕されることもあるという。

中村:すごいですね。

水谷:それで最初のうちは僕らも8時間を守っていたんです。でもさっきのヴェルサイユみたいにだんだん時間が押してきて。そうすると、多少オーバーしていても、知らん顔してくれるようになりました。

中村:それはフランスではすごいことです。多分、スタッフが本当に楽しんでたんですね。だって彼らは「時間だから」って、平気で仕事をやめちゃうこともあるんですから。それくらい時間にうるさい人たちなのに、それを受け入れてくれたなんて、すごいことだと私は思います。

水谷:はい。名残惜しい3週間でした。前回パリに来たときは「場所に行った」という感じでしたが、今回は「フランス人という人たちに会った」という印象でしたね。

中村:素晴らしい! またパリに行きたくなりました?

水谷:明日にでも行きたい(笑)。

中村:ぜひ、いらしてください。パリをご案内いたします。

※水谷さんと中村さんの対談の全容はライフスタイルブック『セゾン・ド・エリコ』Vol.2に掲載中

●映画『王妃の館』について

 浅田次郎の同名小説を、ドラマ『相棒』シリーズでも知られる橋本一監督が映画化。倒産寸前の旅行会社が、ホテルの1つの部屋を2組のツアーに二重売りして窮地を脱しようと企む。知らずにツアーに参加した旅行者たちと、その中のひとりである天才小説家が織りなす人間模様を描く。

「なんともハチャメチャ、へんてこなパリツアー。もしこんなツアーがあったら、私も行ってみたい!!思わず笑ってしまったり、ほろっとしていたり…」(中村江里子)

●映画公式サイト www.ouhi-movie.jp
2015年4月25日(土)〜 全国の劇場でGWロードショー

<構成/MINO、写真/(C)KEITA HAGINIWA、(C)2015「王妃の館」製作委員会>