<チューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオーリンズ 2日目◇24日◇TPCルイジアナ(7,425ヤード・パー72)>
 米国男子ツアー「チューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオーリンズ」は初日に続いて全選手がホールアウトできないままサスペンデッドとなった。2アンダーの50位タイからスタートした石川遼は4連続を含む8バーディ・3ボギーの“67”でスコアを5つ伸ばし、トータル7アンダーに浮上。暫定21位タイで予選通過を確実のものとしている。
 暫定首位タイには11アンダーでプレー中のブー・ウィークリー(米国)とすでにホールアウトしたハドソン・スワッフォード(米国)。トータル10アンダーの3位タイにジェイソン・デイ(オーストラリア)らがつけている。
【2日目の順位(暫定)】
1位T:ハドソン・スワッフォード(-11)
1位T:ブー・ウィークリー(-11)
3位T:ブレンドン・デ・ヨング(-10)
3位T:キャメロン・トリンガル(-10)
3位T:ジェリー・ケリー(-10)
3位T:ダニエル・バーガー(-10)
3位T:ジェイソン・デイ(-10)
21位T:石川遼(-7)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【Gボイス調査隊#2】マスターズ覇者も!クロスハンドグリップって実際どうなの?
池ポチャ3発で3ダボ…石川遼に見える“迷い”
プロでは異例…石川遼の組に4サムプレー指示
タイガー・ウッズの要望に応えた洋ナシ型ドライバー