園監督が池田“エロ”イザ抜擢、「映画 みんな!エスパーだよ!」で。

写真拡大

園子温監督作品で、2013年4月に放送された深夜ドラマ版(テレビ東京系)が大きな話題を呼んだ「みんな!エスパーだよ!」。引き続きの染谷将太主演で映画化されることが先日発表されたが、このたび第2弾のキャストが発表された。

主人公、鴨川嘉郎(染谷将太)の幼馴染のヤンキー女子高生エスパーである本作のヒロイン、平野美由紀役には、池田エライザを抜てき。池田は雑誌「CanCam」専属モデルの19歳で、自身のtwitterフォロワー数は15万人を超え、自撮り写真撮影時に彼女がとるポーズは「エライザポーズ」と呼ばれるなど、今、同世代から最も支持を集めるカリスマモデルだ。

演技経験は過去に映画2作への出演があるのみという池田だが、このたび、オーディションで見出され、見事ヒロインの座を射止めた。

今回のヒロインについて、池田は「エロイザ…もといエライザです。私は演技経験が少ないので…と甘えたいところですが…そんな甘える隙のないこの作品に出演できることが素直に嬉しいです。かなり振り切った原作ですから、かなり振り切ったエロイザになるしかないという斬新すぎる使命感を携えながら自由にクソ真面目に撮影に励みたいと思います。楽しみます、楽しめるのかな? きっと楽しいはずです。楽はできませんが。とりあえず 池田エロイザ 解禁。します」と意欲を燃やしている。

オーディションを行った園監督は、池田について「とってもエラい存在感と、とってもエロい存在感! 池田エロイザでもある! エラくてエロい彼女は、今後とっても業界を揺るがすとてつもない存在になるだろうと、今のうちに言っておく」と大絶賛。

これまでにも、多くの新人女優の才能を開花させ、スターダムに押し上げてきた園監督の演出が彼女をどう輝かせるのか、注目しておきたいところだ。

今回、池田が演じる役は、嘉郎と同じテレパシー能力に目覚めた女子高生。「みんな!エスパーだよ!」の象徴ともいえる“きわどいパンチラ”や、超能力が目覚めるきっかけとなるオナニーシーンなど、過激な描写にも初挑戦する。

さらに、テレビシリーズに引き続き、嘉郎が片思いするクラスメートの浅見紗英役を真野恵里菜が続投することも決定。真野は「連ドラ〜スペシャルドラマ、そしてついに劇場版!! まさか、映画になると思ってなかったので喜びと驚きでいっぱいです。テレビで劇場版のスポットが流れていますが、まだどんな内容になるのか私も知りません(笑) とにかく、この作品は園監督と染谷さんに身を任せて劇場版も体当たりで頑張ります。皆様、楽しみに待っていてください!」とコメント。

また、同じく続投組のテレキネシス能力を持つ喫茶店マスター・永野輝光役のマキタスポーツは「テレビドラマ史上空前のバカバカしさを誇ったあのドラマが劇場版になるという…世界的名監督の誉れ高き“園子温”氏のことだから、映画百年の歴史の中でも名を残す挑戦的な内容になることだろう。俳優マキタスポーツはその名誉な場に携われることに感動しつつ、今後の身の振り方についてマネージャーと相談中だ」。

超能力を研究する大学教授で紗英の父・浅見隆広役の安田顕は「大好きな作品、現場、役柄にまた会えるのがとても楽しみです」と喜びを語った。

そして嘉郎と同じ高校に通うエスパー・榎本洋介役を深水元基、矢部直也役を柾木玲弥、紗英の父・浅見隆広(安田顕)の助手・秋山多香子役を神楽坂恵が、引き続き演じる。

2015年4月下旬に愛知県豊橋市でのクランクインを予定。9月にTOHOシネマズ 新宿他にて全国公開となる。