3年前と比べて、鍋を食べる頻度は変わりましたか。

写真拡大 (全6枚)

 総合マーケティング支援を行なうネオマーケティングは、3月18日〜3月20日の3日間、1か月に1回以上、2種類以上の鍋を食べている、未就学生・小学生・中学生の子供がいる全国の母親20歳〜59歳を対象に「鍋料理」をテーマにした調査を実施した。

 鍋を食べる頻度を、3年前と比較したところ、子供がどの学年であっても、「減った」という回答は圧倒的に少なく、鍋を食べる頻度は、「変わらない」、若しくは「増えた」という回答が多いことがわかった。

 自宅で鍋を食べる理由を聞いたところ、「野菜がたくさん摂れるから」が90.4%で最も多かった。次いで「体が温まるから」79.8%、「料理するのが楽だから」63.4%という結果となっている。

 自宅での鍋の味は誰と合わせているかを聞いたところ、約半数が「自分(配偶者)の子供」と回答し、次いで「自分」32.4%となった。また、同居している人の中で鍋が好きな人を聞いたところ、「自分」と回答した方が最も多く94.3%、次いで「配偶者」85.9%、「自分(配偶者)の子供」72.7%となっている。

 この秋から冬にかけての鍋の素売れ筋(KSP−SP社のデータによる)TOP10の様々な鍋の素を、各項目で比較したところ、「知っている鍋の素」では「【エバラ】キムチ鍋の素」が第1位となり、「家族が喜びそうな鍋の素」は「【ミツカン】〆まで美味しいとんこつしょうゆ鍋つゆ」が第1位、「メタボ予防になりそうな鍋の素」「子供の栄養バランスがとれそうな鍋の素」「最も子供が好きそうまたは食べてくれそうな鍋の素」「子供に食べさせたい鍋の素」で「【カゴメ】甘熟トマト鍋スープ」が第1位となった。10商品の中から、最も興味のある鍋の素を聞いたところ、最も多かったのは「【カゴメ】甘熟トマト鍋スープ」となり、20.1%が回答した。次いで「【ミツカン】ごま豆乳鍋つゆ ストレート」17.6%、「【ミツカン】〆まで美味しいとんこつしょうゆ鍋つゆ」16.0%という順位となっている。