24日放送の「ゴゴスマ」(TBS系)で、アップルの新製品「アップルウォッチ」の音声入力操作で、まさかの誤認識が起きる一幕があった。

番組では、古川枝里子アナウンサーが、同日に世界9ヵ国で発売された腕時計型デバイス「アップルウォッチ」の詳しい機能を説明した。同製品は、iPhoneと連動させることで、通話やメール、アプリの操作などができる腕時計型のデバイスだ。

古川アナはさっそくアップルウォッチを利用したメールの送信方法を紹介した。アップルウオッチの画面は腕時計の文字盤とあまり変わらない大きさのため、指で文字を打つことはできない。

その代わり、画面下部の「マイク」アイコンを押し、画面に語りかけることで声による文章入力が可能だ。

ところが、古川アナが「ここのマイクのところを押しますよ」とアイコンを操作し、「今どこにいるんですか?」と語りかけると、アップルウォッチの画面には「殺しますよ今どこにいるんですか」と信じがたい文面が現れたのだ。



出演者が騒然とする中、石井亮次アナウンサーが「ヘンなのでましたけど?」とツッコミを入れた。どうやら、古川アナの「…ところを押しますよ」という発言を、アップルウォッチは「殺しますよ」と誤認識してしまったようだ。

古川アナは、注意しながら再度試してみると今度はしっかり認識していた。

【関連記事】
ドランクドラゴン・鈴木拓が生放送中に「殺す」と発言 博多大吉が速攻フォロー
漫画家の松永豊和氏がTwitterで「殺してやる」と連投…過去に逮捕歴も
有吉弘行、Twitterで受けた「殺すぞ」という脅迫に怒り心頭「もう勘弁」