自由自在にアバタ―を着替えさせた結果

写真拡大

自分の分身となるキャラクターのアバタ―を作成して、歌って踊らせる動画や画像を投稿するハッシュタグ「#myidol」が、TwitterやInstagramなどのSNSで話題を呼んでいます。

【SNSで大流行の#myidolとは? アバタ―がヌルヌル動くアプリがヤバおの画像・動画をすべて見る】



この動画は、「小偶 - 我的3D萌偶」という中国のiPhone専用無料アプリを利用してつくられたもの。カメラで撮影した人物をアプリに読み込ませるだけで、簡単にその人そっくりなアバターをつくることができます。

歌ったり踊ったりしている動画を簡単にSNS上に投稿できるのはもちろん、アバターの着せ替えもできちゃうというおもしろアプリ!

KAI-YOU編集部でも、さっそくダウンロードして遊んでみました。

さっそくアバターをつくってみた


自撮りに手こずり表情が険しくなる筆者

自撮りに手こずり表情が険しくなる筆者



アプリを起動すると、動画で使い方が解説されます。すべて中国語で説明されるので、筆者は何を言っているのかまったく分からなかったのですが、直感的に操作できるので心配なく!

チュートリアルが終わると、すぐに撮影が可能になります。画面に表示されている目盛りに従って顔を合わせると、緑色の枠線が現れるので、そこを狙って撮影。写真のスキャンが開始されます。

完成したアバタ―

(左)完成したデフォルトのアバタ―(右)着替え後



スキャンが終わると、もうアバタ―ができてしまいました。帽子や前髪などは反映されないようですが、ひげまでしっかり生えていてそっくりすぎ!?

ここから肌の色や年齢、洋服などさまざまな設定が可能。ひとまず髪形や服装を普段の恰好に近づけましたが、せっかくなので、いろいろと試してみました。

1429856457

(左)なぜかデヴィッド・ボウイ風のフェイスペイントが気になる。(右)自分とはいえポーズがとてもあざとい



様々な洋服や髪形が用意されているのはもちろん、フェイスペイントや、性別の切り替えまで可能なので、自由自在に自分だけのアバタ―を作成することができます。

簡単に挑戦できないような髪型なども、すぐに入れ替えて試せるので、手軽にコーディネートを楽しめるのがいいですね!

そして、つい出来心でロリロリな洋服を試着。自分そっくりのアバタ―が、かわいいポーズで悩殺してきたので、辛くなってすぐに着替えさせてしまいました……。

さらに遊んでみると…!



バイクにのる動画

バイクに乗っている動画のスクリーンショット



また冒頭で紹介したように、作成したアバターは、あらかじめ用意された音楽で踊らせる様子を、動画におさめることもできます。

颯爽とバイクにまたがって登場し、中国語でキメ台詞を放つ動画を作成してみました。

この他にも、サプライズで友達を祝える動画やポールダンスをする動画など、たくさんのパターンが用意されているので、いくらでも遊べそうです。

スタンプ

絶妙なドヤ顔をキメています。



ほかにも、スタンプ風の画像も作成可能。こちらも用意されているテンプレートにアバタ―が適用されるので、ページを開いた瞬間に完成したスタンプが出迎えます。

自分の顔とはいえ、かなりウザい! しかし絶妙に人に見せたくなる!

アプリは無料のうえに、写真を撮るだけで簡単におもしろ動画や画像がつくれるので、気軽に遊んでみてはいかがでしょうか!