【解決】銀行ATMのお昼寝猫 無事飼い主の元へ

写真拡大

 週明けの4月20日ネット上の話題をさらった、銀行ATMでお昼寝する猫(通称、ATM猫)。ATMの上で心地よさそうに昼寝する姿があまりに可愛いとして大評判となり、21日にはネットニュース複数で紹介されさらに大きく知られることとなった。

【関連:銀行ATMのお昼寝猫 動物愛護センターに保護されていた】

高橋昭夫さんツイッターより

 ところが22日、同じ猫が新潟県動物愛護センターに保護されていることが発覚。当編集部でも当時そのことについて紹介したが、24日昼に無事飼い主の元に帰って行った事がわかった。

 新潟県動物愛護センターの話によると、警察からの連絡により21日保護しホームページ上に掲載したとたん、有名猫とあってかなり大きな反響があったとのこと。問合せも多かったものの、今回飼い主からの申し出があり、24日飼い主に連れられて帰って行ったそうだ。

 ちなみに、お昼寝を目撃された銀行の行員が愛護センターに引き渡したという憶測が一部流れていたようだが、そうした事実は全くなく、むしろ近所への聞き込みをするなど飼い主捜しに奔走していたようす。銀行側に問い合わせてみたところコメントは貰えなかったが、おそらく今回の報に銀行側でもほっと胸をなで下ろしていることだろう。