内臓が透けて見える「透明カエル」の新種発見

写真拡大

腹部の皮膚が透明で、内臓が透けて見える「グラスフロッグ」。その新種が、約40年ぶりにコスタリカで発見された。

「内臓が透けて見える「透明カエル」の新種発見」の写真・リンク付きの記事はこちら

腹部の皮膚の透明度が高く、内臓が透けて見えることから、「グラスフロッグ」(=ガラスのカエル)と呼ばれるカエルがいる。中南米地域にしか存在しない種だ。

このほど、中米のコスタリカで、グラスフロッグの新種が発見された。このカエルは夜行性で、皮膚のテクスチャと色合い、そして鳴き声が他の種とは異なっているという。

新種は、コスタリカのカリブ海に面した山中の熱帯多雨林で見つかった。確認された個体は6匹で、学名は「Hyalinobatrachium dianae」と名付けられた。

このカエルの背面は明るい緑色だが、腹部はほぼ透明であるため、研究者たちは外部からの観察だけで内臓の配置を詳しく調べることができた。

「球状の肝臓と消化器官は、白い腹膜で覆われている。心臓と腹部の血管は、血の色と同じ赤だ。肺は透明だが、赤い血管系が見える。胆嚢は透き通った淡い黄色だ」と、研究者たちは記している。

グラスフロッグは、地形的に人が分け入るのが難しい、川の源流に近い場所の草木をすみかとしているため、なかなか観察されない。コスタリカでグラスフロッグの新種が発見されたのは、1973年以来のことだ。

発見したのは、コスタリカ両生類研究センターの研究者たちだ。学名のHyalinobatrachium dianaeは、論文の主著者であるブライアン・クビッキ研究員の母親、ジャネット・ダイアン・クビッキさんの名にちなんだものだという。また、ローマ神話の女神ダイアナは、狩猟、野生動物、森林の神でもある。

詳細を記した論文(PDF)は、オンライン動物分類学ジャーナル「Zootaxa」で公開されている。

関連記事:カエルの『ジュラシック・パーク』が実現? 絶滅種の細胞からクローンをつくるプロジェクト

TAG

CostaRicaFrogScienceWIRED UK