23日放送のラジオ番組「ザ・ボイス そこまで言うか!」(ニッポン放送)で独立総合研究所社長の青山繁晴氏が、中国の窮地を指摘した。

番組では「特選☆このニュースの裏を読め!」のコーナーで、日中首脳会談が5ヶ月ぶりに開催された裏の事情を青山氏が解説した。青山氏によると、アジアインフラ投資銀行(AIIB)に日本を参加させたい中国の強い思惑があるという。

AIIBに対して不信感を抱く青山氏は、AIIBの信用度について、日本人が総裁を務めるアジア開発銀行(ADB)と対等もしくは上回ることはないという情勢がはっきりしてきたのだと言い、その理由は日本がAIIBに参加していないためだと解説した。

青山氏はAIIBを主導する中国について「中国が金を貸すと言ってるんだけど、中国は世界に金を借りてるんですよ、未だに」「世界からの借り入れは、増えていっているわけですよ」と指摘し、中国のインフラ技術の信頼性についても皆無だと語った。

そして青山氏は、金融市場でのAIIBの格付けについて「僕の知る限り、中国の当局者は真っ青なんですよ。とにかく、日本に入ってもらわなきゃいけない。日本に入ってもらったら、資金はきちんと担保されるうえにですよ、何より日本の技術力が入ってくると」と、中国の思惑を推測した。

さらに青山氏は「AIIBが失敗したら中国の未来がなくなっちゃう、というところまで話を広げちゃった」と指摘し、どうしても日本に入って欲しい中国の事情で今回の日中首脳会談が開催されることになったとの見解を示した。

なお、青山氏は、日本はAIIBに「絶対に参加すべきではない」と強調していた。

【関連記事】
八代英輝氏がアジアインフラ投資銀行「AIIB」を主導する中国に懸念「金を返すのが先」
青山繁晴氏、プーチン大統領の訪日を語る「敗戦後の日本外交を大転換する。うまくいけばそのキッカケになる」
青山繁晴氏が、舛添要一都知事は東京オリンピックを日中韓の3カ国共同開催にしかねないと懸念