写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マーケティング会社のシタシオンジャパンは森永乳業と共同で、全国の20〜60代男女1,000名(各年代の男女100名ずつ)を対象に「プチストレス」に関する調査を実施し結果を発表した。調査期間は3月20日〜23日。

○男女ともに、50代まで「一定のストレス」あり

まず、普段の生活におけるストレスの大きさについて、「ストレスが非常にたまっている状態」を100点として自己採点してもらったところ、20代〜50代までは男女問わず50点を超える結果となり、常に一定のストレスを抱えて生活をしている様子が伺えた。

○ストレスを感じるシーンは「朝家を出るまで」

次に、どんな時にストレスを感じるのか調べたところ、特に20〜30代の女性は『起床〜家を出るまで(51.5%)』と回答した割合が多く、具体的には「ヘアスタイルがうまく決まらない(60.5%)」、「着ていく服が見当たらない(51.5%)」など、若い女性ならではのイライラが並んだ。次に多かったシーンは『授業中・仕事中(46.0%)』で、「思うように自分の仕事(勉強)が進まない(67.5%)」ことにイライラする人が多かったほか、「苦手な人がいる(53.2%)」「パソコンがフリーズする(53.2%)」などのプチストレスを抱えている人も目立った。

続いて、一日(睡眠時間8時間を除いた16時間で算出)のうちにどのくらいのプチストレスを感じるのか調査した。生活の各シーンで感じるプチストレスの個数について答えてもらい、一日を通して足し上げると、全体では一日13.9個と、およそ69分ごとにプチストレスを感じていることが判明。特に、ストレスを溜めこみやすい傾向がある、働く20〜30代女性では「18.5個」、つまり約「52分に1個」という結果となった。

○プチストレスは「食べて解消」

次に、プチストレス解消のためにどんなことを行っているか尋ねたところ、20〜30代女性で「よく行っている」「ときどき行っている」と回答した割合が最も多かったのは、「お菓子類を食べる(61.9%)」だった。中でも、「チョコ」を食べる女性が圧倒的に多かったほか、「スナック菓子」や「アイス」も人気だった。次に多かった解消方法は「お菓子以外の好きな食べ物を食べる(57.1%)」で、プチストレスは「食べて解消」という人が多いことが伺えた。

(CHIGAKO)