連載完結の『NARUTO−ナルト−』 六本木ヒルズで初の展覧会

写真拡大

4月25日(土)より、東京・六本木の森アーツセンターギャラリーにて、2014年11月に連載が完結した大ヒット漫画『NARUTO−ナルト−』の初の展覧会『連載完結記念 岸本斉史 NARUTO-ナルト-展』が開催される。

『NARUTO−ナルト−』は、1999年に「週刊少年ジャンプ」で連載が始まり、日本のみならず世界中で絶大な人気を集めてきたマンガ。主人公の少年忍者・ナルトが、仲間の忍者との友情や裏切りなどを経て試練を超え、成長していくこのマンガは、単行本の発行部数が2億部を超える大ヒット作だったが、昨年11月をもって連載が完結した。

会場では、『NARUTO−ナルト−』連載時の原画をはじめ、名シーンを立体造形で再現したもの、描き下ろしカラーイラスト、幅10mの特設シアター、作者が連載開始前から作品の構想を練り上げていた図書館のデスクの再現など、『NARUTO−ナルト−』の世界をさまざまな観点から紹介。作者の岸本斉史氏も「このNARUTO展にさえ来て下さればNARUTOの全容は理解できるものとなっております!」と語る充実の内容となっている。

『連載完結記念 岸本斉史 NARUTO-ナルト-展』は2015年4月25日(土)〜6月28日(日)まで、森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー 52F)にて開催。開館時間は10:00〜20:00(4月26日〜5月6日、6月20日〜6月28日、土日は21:00まで。4月25日は翌朝6:00まで)。会期中無休。チケットは当日一般2000円。なお同展は、大阪でも開催される(大阪文化館・天保山。2015年7月18日〜9月27日)。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです