完成した痛ヘルメットと岸田メル先生 撮影:市村岬

写真拡大

[PR]車やバイク乗りが、自分の好きなアニメや漫画といった2次元作品をモチーフにカスタムを施す「痛車カスタム」という文化。

【真剣謝罪の理由とは? メル先生大暴れの虹コン痛ヘルメット企画 後編の画像・動画をすべて見る】

その魅力に迫るため、前後編にわけて、痛ヘルメットのカスタムに挑戦しました!

前編では、アイドルとしてだけでなくクリエイターとしても活動するグループ・虹のコンキスタドールと、バイク情報サイト「GooBike」がコラボ、前編ではカスタムのコンセプトについて話し合いました。

そこから浮かび上がった「夢かっこいい」というワードを元に、虹コンの衣装デザインなども手がける、人気イラストレーターの岸田メル先生がイラストを描き下ろし!

ついに先日そのイラストが完成し、それをもとに、「痛車デザイン スタジオアール」のアールさんが痛ヘルメットを施工。そして、完成間際、虹コンからメンバーの長田美成さん・重松佑佳さん・根本凪さん、そしてメル先生と共に、その現場に乗り込み、痛カスタム体験もさせてもらいました。

re150416_harley3_2_0099



メル先生の号泣(?)謝罪から始まり、追いかけっこで終わった、嵐のような収録現場に潜入! 記事の最後には豪華プレゼント企画も!!

メル先生の号泣謝罪会見から始まった重苦しい収録現場…


re150416_harley3_2_0104

あれ、デジャブ?


今回、そもそも前後編にする予定ではありませんでした。

前編の最後のところで書いた通り、それにはとあるワケが…!

まず、ヘルメットカスタム用のイラストを制作してもらうにあたって、ヘルメットをいくつかのパーツに分けて考えなければいけません。

用意するイラストは一枚ではないため通常よりも時間がかかるのはもちろん、ステッカーとして印刷されヘルメットに貼られるイラストの制作という慣れない作業に加え、自身初となる主宰の大型イベント「メランゲイザー」開催がモロかぶりしていたため、メル先生の制作が遅れに遅れてしまいました\(^o^)/

無事完成したものの、一時は、もう一生イラストは入稿されないんじゃないかと気が気ではありませんでした\(^o^)/

そこで…痛ヘルメット完成の収録当日は、先生のイラストを今か今かと待ちくたびれていた虹コンの皆さんへの謝罪から始まりました……。

re150416_harley3_2_0100

ごーーー



メル先生 「お待たせしました! ほんとうに、ほんとーーーに申し訳ない!!」
虹コン 「も〜! プンプン!! 先生!!! みんなを待たせちゃダメじゃないですか!!!!」
メル先生 「いや〜「メランゲイザー」が忙しくってさ><!」

re150416_harley3_2_0102

めーーー



ちょ先生、本業のイラスト後回しにして何やってんすかまじで\(^o^)/たまたまこの日の収録にGooBikeの担当さんが出席できなくてほんとーーーによかった\(^o^)/

メル先生 「その代わり、みんなをばっちりイラストにしてきたから許して!! ところで、4月8日に発売したニューシングル『やるっきゃない!2015/ブランニューハッピーデイズ』がオリコンデイリー8位、オリコンウィークリー11位獲得やったね!

re150416_harley3_2_0103

んーーー



いきなり重苦しい雰囲気の中で始まった収録でしたが、メル先生の心からの誠意はその場にいた全員に伝わり、なんとか事なきを得ました。

そして気を取り直して、待ちに待ったメル先生イラストの痛ヘルメットとご対面! その前に、改めて痛ヘルメットのつくり方を紹介します。

痛ヘルメットのつくり方


re150416_harley3_2_0033


「痛車デザイン スタジオアール」は自動車のカスタムがメインですが、今回のようにバイクやヘルメットの依頼もあれば、ギターのケースはじめ、とにかくいろいろ持ち込まれるものを「痛カスタム」化してきたという。

ちなみに、カスタムには、塗装とステッカーでの施工の2種類がありますが、アールさんは後者が専門。

イラスト入稿


まず、イラストを用意します。自分あるいは誰かに描き下ろしてもらったイラストや、著作権者に許可を得たイラストなどをデータとして入稿。

ステッカー印刷・加工


re150416_harley3_2_0005


次に、アールさんの方で、350万円(!)以上するという業務用の大型印刷機でステッカー用紙にイラストを印刷。

ただ、車体は風や雨に晒されるため、通常のステッカーではすぐに剥がれてしまいます。そこで、さらにそれを専用フィルムで保護する機械・ラミネーターに通して加工。

re150416_harley3_2_0007



切り込み線が入った状態で印刷することもできるそうだが、印刷してから手作業で、ちょうどいい程度に縁どりをしながらデザインナイフで切り取る方がキレイに仕上がるそう。

デザイン


re150416_harley3_2_0020


加工が完了したステッカーを、ただ貼るだけではありません。当然、どこにどれくらいの大きさのステッカーを貼るのか、つまりヘルメットのデザイン案を決めます。

施工


re150416_harley3_2_0038


デザインが固まったら、ヘルメットの施工開始。ステッカーを決めた位置にキレイに貼るだけなのですが、ここが最も神経を使うポイントです。

車体などに貼る場合、平面ではなく凹凸もあり、曲面になっていることも多いため、普通にやるとどうしてもシワになってしまいます。

しかも、今回は、車体よりもずっと難易度が高いヘルメットの施工。

re150416_harley3_2_0042



ドライヤーを数倍くらい強力にした熱風を送るヒートガンでシール生地を温めて柔らかくし、ヘラを駆使して気泡が入ってシワなどがついてしまわないように伸ばしながら貼っていきます。

シワが入ったらヒートガンを使ってその部分を剥がし、慎重に貼り直し。

re150416_harley3_2_0048



そして、シワひとつない痛ヘルメットが完成となります。

虹コンが痛ヘルメットのカスタムに挑戦!!


rere150416_harley3_2_0053


以上の手順をもとに、ほとんど完成間際となっていたヘルメット。ただ、最後のパーツだけ、虹コンの皆さんの手で貼らせてもらえることに…!

虹コン 「え、やらせてもらえるんですか!?」「やったー!!」「緊張するね〜〜」

恐る恐るみんなで共同作業開始。

rere150416_harley3_2_0057



虹コン 「ちょちょちょっと! そっちじゃないよ!」「あ〜〜〜危ないよ!!」「も〜〜〜、ちが、私がやるって!」

大丈夫なのか…?

rere150416_harley3_2_0059



虹コン 「あ、空気が入っ…」「これズレてない!?」「ま、まあそれも味ってことで…」

re150416_harley3_2_0060



あからさまに左に寄ってますね…! しかし、これはこれで虹コンぽい感じがするので、結果オーライという雰囲気に。

ついに完成! これが「夢かっこいい」もとい「メルかわいい」だ!


re150416_harley3_2_0114


いよいよ、虹コン × GooBike × 岸田メル による痛ヘルメットがお披露目。

これが「夢かっこいい」痛ヘルメットだ!

一同 「お〜〜〜!!!」

重松 「ドーベルマンもちゃんとかわいくなってる!」

メル先生 「そう言ってもらえてよかった…!」

重松 「ていうか、ドーベルマン完全にセンターじゃないですか(笑)」

根本 「でも、リボンとか星とか、夢かわいい要素も詰まってて、まさに「夢かっこいい」ヘルメットになってます」

re150416_harley3_2_0120



━━そもそも「夢かわいい」って何なんですか?

根本 「原宿らへんから出てきたジャンル?」

メル先生 「ネットの海から沸いてきたジャンルですね。僕はぶっちゃけ「夢かわいいとか何言ってんだ!」っていうスタンスなので(笑)。っていうのは冗談として、中高生がTwitterとかでよく言っていて、淡いパステルやペールトーンみたいな配色のデザインだと解釈してます。別に僕のイラスト全然夢かわいいじゃないんですけどね!」

長田 「でも、虹コンの2ndシングル「やるっきゃない!2015」の衣装も羽みたいで、私たちの間では「メル先生のデザインは夢かわいいだよね」ってことになってました」

根本 「ヘルメットのゴツい感じと夢かわいいのファンシーな感じが良いハーモニーを奏でてる!」

メル先生 「最初、虹コンにかっこいいライダーズを着せようか迷ったんです。あとは、普通にバイクを描こうとしたらもっと写実的にこってり描くところですが、キャラとのバランスやヘルメットに貼られるということを考慮して、あえてややファンシーに寄せました」

根本 「羽もサイッコーです!!」

長田 「夢かわいいっていうかもはや「メルかわいい」だよね!」

re150416_harley3_2_0115



「デザインのコンセプトは?」とうかがうと、アールさんも「メルかわいいです!」ときっぱり。

曰く、頭頂部の施工がやはり一番難しかったとのこと。そして、中央の縦に走っているピンクのラインが、ゴツいヘルメットとかわいいイラストの橋渡しの役割を果たしています。

メル先生 「色合いも普段はやれないことをやれたし、バイク用のイラスト制作なんて最初で最後かもしれないので、僕にとっても「こうなるんだ!」という発見があって楽しかったです」

re150416_harley3_2_0118



当日、収録に同席できなかった、虹コンの奥村野乃花さん、GooBike担当の方からもコメントが。

GooBike担当 「あのいかついヘルメットがファンシーな痛ヘルメットになって驚いています! 良い意味で! これを被った人がどこかで現れたら声を掛けてください!

追伸 メル先生、この度は「お忙しい中」、イラスト有難うございました! このバカバカしいことを全力でやれることを誇りに思います! バイクとネット文化の化学反応や!」

奥村 「最初、黒くてゴツいこのヘルメットを虹コンらしくカスタマイズすると聞いた時、本当にできるのかな…限界があるかな…? と少し不安に思ってたのですが岸田メル大先生のご協力もあり、夢かわいくできました!

GooBikeさんのドーベルマンと虹コンのコラボも可愛いし、上に貼ってある私のイラストのスカートの感じがツボです!笑

このヘルメットでアイドル現場に行けばすぐ認知もらえますね!笑 私も付けたいです!」

「自分が痛車になったことはある」


re150416_harley3_2_0081


車にもバイクにも乗らないメル先生は、今回、自分自身のイラストで痛カスタムされる経験は初めてだそうですが、“イラストじゃなくて自分自身が痛車としてプリントされた”経験はあるそうです。どういうこと…?

メル先生 「ぼんぼり祭り」っていうイベントがあったんですよ(メル先生がキャラデザを担当したアニメ『花咲くいろは』の聖地・金沢市の湯涌温泉街で開催された)。全国から「いろは」ファンが集まって、痛車もいっぱい来ていたんです。

そこで、いろんな人から「見ましたよ!」「さすがですね先生!」と声をかけられるので「何だろう?」と思っていたら、僕自身が車にプリントされていたんです。で、発見したんですけど、これはリアクションしたら負けだなと思ってコメントしませんでした! 結局所有者にも会うことなく。



メル先生、大暴れ


re150416_harley3_2_0071


ということで、せっかくなので、世界に一つしかない「虹コン × GooBike × 岸田メル」痛ヘルメットの完成を記念してかぶってみましょう!

re150416_harley3_2_0063



順繰りに装着していき、もちろん最後はメル先生…

メル先生 「そもそも入るかな? …うおおおお、これキッッツイ! しかもやっぱりフルフェイスだからちょっと息苦しいね!?」

re150416_harley3_2_0077

フーッ ハーッ フーッ



虹コン 「なんかヤバい!」「ちょっと怪しい人っぽい!!」「似合うけど逆にこわい!!!

re150416_harley3_2_0078

ンフーッ ンフーッ



メル先生 「はあ!? おまえらこの野郎!! とって喰うぞ!!!

re150416_harley3_2_0083



re150416_harley3_2_0084



re150416_harley3_2_0085



re150416_harley3_2_0091



(中略)

re150416_harley3_2_0087

「自分の描いたイラスト貼ったヘルメットかぶって何やらされてんの俺…?」



メル先生 「ゼエ…ゼエ…もう外すよ、息が苦しい……あれ、え、うそでしょ…そんなお約束な…

re150416_harley3_2_0108



「…」

rerere150416_harley3_2_0108



「……」

rerererere150416_harley3_2_0108



「………」

rere150416_harley3_2_0108



「……………」

rererererere150416_harley3_2_0108



「………………ぬ、抜けない…!!!」

ヘルメットを外そうともがくメル先生を前に、われわれはただ、そこに佇んでいましたとさ。

プレゼント企画


re20150414_nizicon_3



今回、「GooBike」と虹コン、メル先生のご協力のもと、完成した痛ヘルメット。そのために制作したメル先生の描き下ろし特別イラストをもとにした2種類のステッカーセットを、抽選で100名の方にプレゼント!!

re20150414_bike



応募方法は下記の通りです。

STEP1:TwitterでKAI-YOU(@KAI_YOU_ed)をフォロー
STEP2:こちらの記事のツイートボタンから、ハッシュタグ #kai_you をつけたまま記事をツイート

応募締切は4月30日(月)23時59分まで。抽選の上、KAI-YOUから当選者の方へのみTwitterのダイレクトメッセージでご連絡させていただきます。ガンガンご応募ください!