トヨタ自動車<7203>は25日、「パナソニック・トヨタ・レーシング」チームとして参戦4年目となるフォーミュラ・ワン世界選手権(F1)の2005年度の活動内容を発表した。今年から行われる新技術規制に対応した新型F1マシン「TF105」を投入し、ヤルノ・トゥルーリ(イタリア)とラルフ・シューマッハー(ドイツ)の陣容で初の表彰台を目指す。



新型F1マシン「TF105」の前でポーズをとる、R・シューマッハー(撮影:吉川忠行)
画像をクリックすると拡大します画像をクリックすると拡大します
 トヨタによると、「TF105」は空力性能と信頼性を追求したという。チームの代表である冨田務・トヨタモータースポーツGmbH会長は「TF105は設計を一からやり直し、空力特性が最も進化した。昨年の悔しさをバネに、一年を通じてコンスタントにポイントを獲得したい」と抱負を述べた。また、会見に同席したシューマッハーは、「予定通りにマシンが仕上がれば、シーズン中盤にはどのチームにも負けないと思う」と、ニューマシンへ期待を寄せた。

 3月6日にメルボルンで開催される、オーストラリア・グランプリで今年のF1レースの幕が切って落とされる。【了】

トヨタ F1オフィシャルサイト