ペットボトルなんて古い?そのままで持ち運べる「水」がでた!

写真拡大

水を容器に入れるっていう認識は、もう古いのかも?

長年、プロダクトデザイナーにとって水を携帯するための容器、「ペットボトル」は頭を悩ませる種だったようで、どうにかして、もっと違う形で水を持ち歩くことはできないものだろうかと考えた結果、「固めてしまえ!」と外側を固形化させてしまった水がこちら。

持つことが出きる水って不思議ですよね。「Ooho!」と名付けられたこの水は、ロンドンにある芸術大学大学院、ロイヤル・カレッジ・オブ・アートに通う3人の生徒によって製作されたもので、プラスチック製の容器を減らす目的で考えられたのだそう。

独創的な発想が評価され、2014年レクサスデザイン賞を受賞し、さらには2015年の「Design to Improve Life」の受賞候補にもなっているようです。

85singo_ooho-blob

飲み方は様々で、噛むも良し、吸うも良し、まるまるひとつ飲み込んでしまうのもアリ。塩化カルシウムと海藻があれば手軽に作れるそうで、丸いプラスチックの型を使えば誰でも簡単に作成することが可能なのだとか。

まだまだ、衛生面や強度など、商品化には難しい課題もあるようですが、今後パーティーグッズや給水用のアイテムなど、いろいろな用途が開拓されていきそう。どんな使い方があるのかは考えどころ!いいアイデアが見つかった方はぜひ教えてくださいね!

Licensed material used with permission by:PSFK,YouTube