ココにかける! 女性たちの美容資金の使い道、第1位は「肌」49.3%

写真拡大

実際には美容にかけるお金を自由に捻出することができないという人も多いと思いますが、もし美容資金として使えるお金があったとしたら、どのパーツに一番お金をかけたいと思っているのでしょうか。働く女性たちに聞いてみました。

Q.もしあなたに、美容資金があったら、何にかけますか?

第1位「肌」49.3%
第2位「脱毛」40.7%
第3位「歯」31.1%
第4位「髪」23.0%
第5位「ダイエット」20.6%
第6位「バスト」7.2%
第7位「整形」3.8%
※第8位以下は除く、複数回答式

第1位は「肌」で、約半数の女性が美容資金を使ってもキレイにしたいと思っているようです。では、それぞれの回答ごとにどのくらいのお金をかけたいと思っているのか、どうしてそのパーツにお金をかけたいのか聞いてみましょう。

■第1位「肌」

・「外側中側両面からケアをしたいです。お金は月に2万円までなら惜しまず出せます。やはり年齢を感じるのは肌なので、しっかりとケアをしたいです」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「シミ・そばかすを取ったり、肌のキメを回復させたい。ちゃんとなるなら20万円くらいは出せるかな」(32歳/その他/クリエイティブ職)

・「顔の肌がきれいになるように、美容皮膚科で治療したい。30万円くらいかけて、満足のいくまで治療したい」(31歳/食品・飲料/事務系専門職)

肌がキレイだとメイクも映えるので肌を徹底的にキレイにしたいという人は多いようです。エステなどで一気にお金をかけてキレイにする、毎月のスキンケアにお金をかけるなど、効果が出るならある程度お金をさいてOKと考えるようですね。

■第2位「脱毛」

・「脱毛で20万円くらい。全身脱毛したら、お手入れが楽そうだから」(28歳/医療・福祉/技術職)

・「脱毛は顔。50万円くらいまでかけてもいい。日ごろの産毛処理から解放されるなら安い」(29歳/自動車関連/事務系専門職)

・「一番のコンプレックスなので、それがなくなるなら多少は資金をかけたい」(29歳/その他/その他)

面倒なムダ毛処理から解放されるなら脱毛にはお金をかけてもいいという人も。数十万円を払ったとしても、今後は事故処理をしなくて済むと思えば安いものだと思うようですね。

■第3位「歯」

・「前歯(6本)の硬質レジンをセラミックに替えたい。見える銀歯をセラミックに替えたい。お金がなくて保険適用で我慢している現状なので」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「歯の矯正をしたい。30万円ぐらい」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「歯は一生ものだから。50万円くらい」(32歳/食品・飲料/技術職)

歯列矯正やホワイトニングなど、美容目的の施術については自費になるので、かなり費用がかかるのが「歯」ですよね。でも、笑顔を左右するパーツでもあるので多少お金がかかったとしても納得のいく状態にしておきたいという女性も多いようです。

コンプレックスに感じるほど悩んでいることがあるのなら、少しずつ貯金をして、美容にかけるというのも手です。悩みを解消して明るい笑顔でいられるための費用だと思えば安いものかも。あなたは、美容資金があったら、何にかけたいですか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年4月にWebアンケート。有効回答数209件(22歳〜34歳の働く女性)