森田理香子、焦りはないがそろそろ今季初勝利がほしい?(撮影:福田文平)

写真拡大

<フジサンケイレディスクラシック 事前◇23日◇川奈ホテルゴルフコース 富士コース(6,367ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「フジサンケイレディスクラシック」が24日(金)から静岡県にある川奈ホテルゴルフコース 富士コースで開幕。今季ここまで勝利のない森田理香子だが、大会を前に明るい表情を見せていた。
森田理香子の特選PHOTOは写真館でチェック!
 一昨年は開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」、去年は「Tポイントレディス」とここ2年は春先で勝利してきた。しかし今年は7試合を終えて、単独2位はあるものの優勝は無し。そんな森田だが、焦りはない。
 「(1勝を挙げた後苦戦した)去年よりも焦りはないですね。まだ始まったばかりですし、“終わってみれば良い結果”になると信じて頑張ってます。必ず良くなっていくと思いますし」。
 いまだ未勝利ながら森田が気持ちにゆとりをもてるのは、周りの期待のし方が変ったことが大きい。「去年は“何で能力があるのに勝てないの?”と言われることが多かった。でも今年は“勝てるんだから自分のペースでやればいいよ”と声をかけられることが多くなりました。そう言われると自信になりますよね」。そうした変化は「いつかは分からないけど勝てる自信はあります」と自信を与えてくれた。
 もちろんゴルフの調子が上がっているのもそうした気持ちにさせる1つの要因でもある。「先週休んで体調も良いし、ヤマハくらいからゴルフも徐々に良くなってます。このまま練習していけば、良いスコアで回れそう」。そう語る森田は明日、昨年覇者のフェービー・ヤオ(台湾)、欠場したアン・ソンジュ(韓国)に替わり出場する岡村咲とともに11時15分からティオフする。

<ゴルフ情報ALBA.Net>