「上開きのテールゲートに横開きのサブドアを設ける」という、新型ステップワゴンの「わくわくゲート」は、今までなかった斬新なアイディア。

かつてステップワゴンにフローリングフロアを設定するなどした、ホンダの面目躍如というところでしょうか。 

エントリーグレードの「B」をのぞき、全車に標準装備となる「わくわくゲート」ですが、その発想は「2列目に座る子どもを起こさないように、サードシートの乗降をする」というところがまずあったそうです。

普段は2列目にチャイルドシートを装着し、非常用として3列目を使う人が多いと思われますが、2列目に座った子どもが移動中に寝たとします。

stepwgn_ - 1 (5)

もし、2列目にチャイルドシートを2つ装着していると(キャプテンシートの片側に1つだけなら問題ないですが)、トイレ休憩などで3列目から降りる際は、2列目のどちらかを前にスライドさせるなどしないと降りられません。

stepwgn_ - 1 (6)

「寝た子を起こす」ようなことをせずに発想されたという「わくわくゲート」の着眼点に驚かされるとともに、普段からミニバンに乗っている人ならではの視点のような気もします(後者はあくまで私の想像ですが)。

「わくわくゲート」は、ヒンジの大型化や内装材、補強などが積み重なることで通常のテールゲートよりも約9kg増となるそうで、それでも最廉価仕様以外に標準したのはホンダらしい思い切りの良さといえるでしょう。

実際に乗り降りしてみると、先代よりも荷室の地上高(フロア)を85mmも低くしたそうで、子どもでも乗降できる高さのような気がしますし、これだけ低ければ自転車も楽に乗せ降ろしできそうです。

stepwgn_ - 1 (2)

また、幅も高さも十分といえる開口部ですから、大人でも窮屈な姿勢になりません。

少し気になったのは、シートの背もたれ裏に土足(土禁にする人のぞく)で乗り降りすること。なお、車内から出るときは横開きのサブドアしか開かないようになっています。

stepwgn_ - 1 (7)

この点に対しては、ホンダアクセスの用品でマット(ラゲッジフロアカーペットマット/7,560円)が用意されているので、汚れが気になる人はチョイスすればいいかなと思います。

stepwgn_ - 1 (5)stepwgn_ - 1 (3)stepwgn_ - 1 (7)stepwgn_ - 1 (2)stepwgn_ - 1 (6)stepwgn_ - 1stepwgn_ - 1 (1)stepwgn_ - 1 (4)

(塚田勝弘)

新型ステップワゴンの「わくわくゲート」が生まれた理由とは?(http://clicccar.com/2015/04/23/304424/)