マクラーレン×スペシャライズドの「2万ドルのロードバイク」

写真拡大

F1自動車メーカーの「マクラーレン」が自転車ブランドと提携し、20,000ドルのロードバイクをつくり上げた。マクラーレンが培ってきた「データ設計技術」が生かされている。

「マクラーレン×スペシャライズドの「2万ドルのロードバイク」」の写真・リンク付きの記事はこちら

S-Works McLaren Tarmacは、以前からパートナーシップを組んできた自転車ブランドの「スペシャライズド」と、世界にその名を知られたF1自動車メーカー「マクラーレン」の最新の成果だ。

スペシャライズドの自転車なら、筆者もこれまでにいくつも乗ったことがある。洗練されたカーボンフレームのロードレーサーで、2,000〜10,000ドルのスタンダードな「Tarmac」も知っている。だが、20,000ドルのプライスタグを下げたこの限定生産(つくられたのは250台のみ)のロードバイクは、それらとはまったくの別モノだ。

多くの人が、この価格は天文学的、あるいはバカげているとさえ思うだろう。それだけに、この自転車は特別な体験を味わえるだけでなく、実際に特別でなければならない。

では、マクラーレンが自転車の世界にもち込んだものとは何だろう? それは「データ」である。

マクラーレンの協力を得て、スペシャライズドは自転車の乗り心地をコンピューターでモデル化。ライダーの体の動きを測定し、最適なフレームの固さと重量、そして形状を導き出したのだ。マクラーレンはすべての決定をデータによって決める企業であり、スペシャライズドがこのパートナーシップから学んだことは、データを信用することだったという。

例えばこれまでは、ある自転車を正確に狙い通りに仕上げるには、その生産工程に何度となく手を加える必要があった。しかしS-Works McLaren Tarmacはデータを信頼して製造されているため、工程の変更はほんの1、2回だけだったという。

マクラーレンが積み重ねてきた車両動力学のノウハウから、スペシャライズドは次世代自転車のテンプレートを手に入れた。次の新しい(そして常識的な価格の)Tarmacは、膨大な量のデータに基づいてつくられることになるだろう。

関連記事BMW i3は「自転車乗りにこそ似合う」クルマ

TAG

BicycleDataF1McLarenWIRED US