ゴールデンウィークのお天気は?前半全国的に晴れて初夏陽気

写真拡大

 今年のゴールデンウィークは、長い人で16連休、短い人で5連休とされています。
早い人は今週末からの連休入りとなりますが、日本気象協会から期間中(4月25日〜5月10日頃)の気になる天気が発表されました。

【関連:『ヤン坊マー坊天気予報』3月31日をもって約半世紀の歴史に幕】

■天気:前半は晴れる地域が多く、後半は低気圧の影響から荒れる可能性もあり

 今週末からGW前半(5月2日まで)は、日本付近は高気圧に覆われる日が多くなる見込みで、そのため全国的に晴れる日が多くなるでしょう。
ただし、29日〜30日頃は低気圧が日本付近を通過するため、太平洋側の地域を中心に、曇りの予報でも雨が降るところがありそうです。

 GW後半(5月3日以降)は、低気圧が通過するため、数日の周期で天気が変わる見込みで、低気圧が発達して荒れた天気になる可能性もありますので、Uターンなどでこの時期に移動を予定されている方は、最新の気象情報をご確認ください。

■気温:東北から九州にかけ最高気温20度を超える初夏陽気

 気温は、全国的に平年並みかやや高く、東北から九州にかけての広い範囲で最高気温が20度を超える日が続きそうです。特に関東より西の地域では、最高気温が25度以上の夏日となるところもあるでしょう。初夏の陽気となり、屋外では少し暑いと感じられる日も多くなりそうです。今年のGWは、連休の前半を中心に、レジャーに適したお出かけ日和が続くでしょう。

 一方、沖縄も全体的に晴れる日が多くなる見込みですが、梅雨入りも近いため28日(火)から30日(木)は湿った空気の影響で次第に雲が広がりやすく、雨となるでしょう。気温は平年並みで、最高気温25度前後の日が続く見込みです。

前半を中心に安定した晴天に

【各地域の天候の一言ポイント】
◇北日本(北海道・東北)
・全般的に高気圧に覆われて晴れる日が多いでしょう
・GW後半(5月3日以降)には、雨の降る日がありそうです
・気温は平年並みですが、朝晩はまだ冷え込む日もある見込みです
・今年は桜の開花・満開が早く、東北地方は見頃を過ぎますが、北海道ではGW中に見頃を迎えるでしょう

◇東・西日本(関東甲信〜九州)
・今週末からGW前半(5月2日まで)を中心に、高気圧に覆われて晴れる日が多いでしょう
・27日〜29日は雲が広がりやすく、雨の降るところもありそうです
・GW後半(5月3日以降)は、数日の周期で雨の降る日がある見込みです
・気温は平年並みかやや高く、最高気温20度以上の日が続き、25度以上の夏日となるところもあるでしょう

◇南西諸島(奄美・沖縄)
・全般的に高気圧に覆われて晴れる日が多いでしょう
・28日〜30日は雲が広がりやすく、雨の降る日もあるでしょう
・気温は平年並みで、最高気温25度前後の日が続くでしょう

本情報は2015年4月23日時点の予測資料から作成されています。最新の気象情報は、日本気象協会の天気予報専門サイトで確認ください。