『脳漿炸裂ガール』 ©2015映画「脳漿炸裂ガール」製作委員会

写真拡大

映画『脳漿炸裂ガール』の公開日が7月25日に決定。あわせて場面写真とキャスト写真が公開された。

【場面写真とキャスト写真(12枚)を見る】

場面写真は、柏木ひなた(私立恵比寿中学)が演じる高校1年生の市位ハナが檻に入れられている場面や、竹富聖花が演じる成績優秀なお嬢様・稲沢はなが暗がりで怯えた表情を見せている姿など、負けたら即死のサバイバルゲームに突然巻き込まれた生徒たちの様子が垣間見える内容になっている。また、教育実習生・久保賀大治役の荒井敦史、同じく実習生の古寺正義役を菅谷哲也、生徒の憧れの教師・田篠珠雲役の浅香航大をはじめ、上白石萌歌、志田友美(夢みるアドレセンス)、岡崎紗絵らキャストの姿も確認できる。

あわせて、同作が公開初日の7月25日0:00からニコニコ生放送で上映されることも発表。また、ニコニコ動画では4月24日から3日間限定で、同作の前売オンラインチケットを割引価格で販売する。

『脳漿炸裂ガール』は、れるりりが2012年にニコニコ動画に発表した同名のボーカロイド曲をもとにした作品。聖アルテミス女学院に通う生徒たちが突然学校で檻に入れられ、生き残った1人だけが「真の卵」として大人の仲間入りができるという携帯電話を使ったサバイバルゲーム「黄金卵の就職活動」に巻き込まれていく様を描く。主題歌は私立恵比寿中学によるカバー曲“脳漿炸裂ガール”となる。