黒谷友香×中村蒼の17歳差“濃厚ベッドシーン”にドキッ!恋愛ドラマ「眠れぬ真珠」
 女優・黒谷友香とイケメン俳優・中村蒼の“濃厚な濡れ場”が見られると話題のドラマ『眠れぬ真珠』(全4話)。でも、最近の地上波はベッドシーンの規制がうるさいって聞くしねぇ……と思っていたら、映像配信サービス「dTV」で独占配信中のドラマということが判明。

 こ、これは……、期待できる! というわけで、早速、視聴いたしました。

◆黒谷友香×中村蒼の濡れ場に期待

 原作は石田衣良の同名小説で、17歳差の恋を描いた大人の恋愛ドラマだそうです。ピンク映画出身の廣木隆一監督(『娚の一生』『ストロボ・エッジ』)の作品ということで、濡れ場への期待度も大。それより何より、中村蒼キュンのセクシー裸体は必見でしょ!

 まずは、あらすじをざっくりご説明。

 親が残した伊豆の一軒家で愛犬と共に暮らす、45歳の人気銅版画家・咲世子(黒谷友香)は、仕事のパートナーである卓冶(井浦新)と大人の恋愛関係を続け、自立した生活を送っていた。

 ある日、行きつけのカフェの店員であり映画監督の卵でもある17歳下の素樹(中村蒼)と運命的な出会いを果たす。年の差を乗り越えて純粋に愛しあう二人だったが、咲世子の心の中には、次第に別離の予感が……。

⇒【画像】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=244907

 若くて才能に満ち溢れたイケメンと恋が始まったら、誰だって心配になりますよね〜。17歳差だったらなおさらですよ。そんな不安に揺れる更年期の女性を、黒谷友香が熱演してます。というか、黒谷がアラフォー女性を演じることに衝撃です。見た目年齢若すぎでしょ!

◆始まりそうで始まらない……アラサー心を揺さぶる演出

 静かな雰囲気の中、淡々と進んでいく物語。濡れ場を期待しながら見るせいか、今にも始まりそうで始まらない感じが、アラサー筆者の心を激しく揺さぶります。早く……早く……!

 咲世子が住んでいる一軒家が「広くて羨ましいな」という感想で、第一話が終了。そして、第二話にして来ました。本格的な濡れ場。もー、待ってたよ!

 中村蒼が上半身裸に。そのまま尻、尻を見せて蒼くん! ……あ、もうピロートークですか!? この焦らし上手!

 ネタバレになってしまうので詳しくは言えませんが、中村蒼くんの神々しい肉体が際立つような、ニクい演出になってるんです。いや、本当美しい肉体。でも、正直言うと濡れ場はもっと大胆に入れてほしかったですね。せめて尻だけでも見せてくれたら……事務所NGだったの? 蒼キュン……。

 あと一つ欲を言っちゃうと、もう少しストーリーに盛り上がりがあってもよかったかな、と。咲世子の恋のライバル役として大政絢が登場しますが、小悪魔として、もうちょっと物語を引っかき回してくれるぐらいの波乱があったほうが、酸いも甘いも知り尽くした大人の女性には響くかもしれません。ただ、決して単純なハッピーエンドでは……おっと、これ以上は言えない!

 とまぁ、随所で見られる官能的な濡れ場? は、もちろん見どころですが、切ないストーリーが大人の恋愛ドラマって感じで面白かったです。また、咲世子のパートナーとして演技派俳優の井浦新さんが登場したりと、濡れ場以外にも注目したい点がいっぱいのドラマでした。

『眠れぬ真珠』dTV公式 http://video.dmkt-sp.jp/ft/s0004350
(C)BeeTV
<TEXT/中村未来(清談社)>