工具不要で一般的なドアに取り付けられる

写真拡大

IoT(モノのインターネット)を手がけるフォトシンス(東京都品川区)は、後付け型スマートロックロボット「Akerun(アケルン)」を2015年4月23日に発売。直販価格は3万6000円(税別)。

Bluetoothでスマホを認証 合い鍵はSMSやメールで友人などに渡せる

IoTとはInternet of Thingsの略で、IT関連機器だけでなくあらゆるモノをインターネットに接続する技術を指す。スマートフォン(スマホ)を使って鍵を解錠・施錠できる。ドアのサムターン(内鍵つまみ)の上に取り付け、Bluetoothでスマホを認証する。ドアにスマホを近づけるだけで鍵が開き、ドアを閉めると自動で鍵がかかるオートロック機能も備え、鍵を持ち歩く必要がなくなる。退室時はドア内側にセットされた本体に触れるだけで鍵が開く。

サムターンとドアノブが離れている一般的なドアに対応。ドア写真を4枚撮影し、iOS/Androidそれぞれに用意されるアプリから対応可能かどうか診断できる。取り付けに専用工具などは不要で、5分ほどで取り付けられるという。

アプリ上で鍵を渡したい人の携帯電話番号やメールアドレスを入力し、有効期限などの条件を設定し、家族や友人、恋人やルームシェア相手などにSMSやメールで合い鍵を送信できる。入退室履歴をリアルタイムで閲覧可能。