スーファミの名作アクションがPS Vitaに登場

写真拡大

コンシューマー向けゲーム製作のアガツマ・エンタテインメント(東京都台東区)は、PlayStation Vita(PS Vita)用アクションゲーム「さよなら海腹川背 ちらり」を2015年4月23日に発売。価格はパッケージ版が4800円、ダウンロード版が4200円(いずれも税別)。

シリーズ第1作、1994年リリースのスーファミ版を丸ごと収録

プレイヤーは日本全国を放浪する流しの板前、主人公「海腹川背(うみはらかわせ)」らを操り、ルアーのついた伸縮自在のゴムロープを引っ掛けて移動し、ステージの出口を目指す。伸縮の反動を利用して高い位置に登ったり、振り子運動で対岸に飛び移るなど、プレイヤーの創意工夫で様々なアクションが可能。パズル的な要素を盛り込んでいるのも特徴だ。

13年発売のニンテンドー3DS版をパワーアップ。PS Vitaの性能に合わせ1秒間のコマ数を60コマ化、解像度の向上に加え、新ステージの収録や既存ステージの再調整なども行われている。また、1994年リリースのシリーズ第1作、スーパーファミコン版「海腹川背」を丸ごと1本収録している。