写真提供:マイナビニュース

写真拡大

コトブキヤが展開するプラモデル「アーマード・コアV ヴァリアブル.インフィニティ.」(ACV V.I.)シリーズより、『MATSUKAZE mdl.2 拠点防衛仕様』が2015年8月に発売されることが決定した。現在「コトブキヤオンラインショップ」にて予約受付中で、価格は20,304円(税込)。

「ACV V.I.」シリーズ初のタンク型機体となる『MATSUKAZE mdl.2 拠点防衛仕様』は、機体全長22cmに及ぶ圧倒的なボリュームとハイディテールな造形を堪能できるプラモデル。新規造形となる頭部と脚部は、ゲーム中同様の高密度感を忠実に再現しており、履帯パーツに軟質性のプラ素材の採用など、リアルな質感と組み立てやすさを両立している。

付属品には、オートキャノン「AM/ACA-127」×2とオーバード・ウェポンの接続に対応した専用アタッチメント、V.I.シリーズ以外のコアパーツが接続可能になるアタッチメントパーツを用意。砲身部は折り畳みギミックがあり、パーツ差し替えでSHOULDER UNIT使用時の形態も再現できるという。また、頭部、コア、腕部、脚部の各部位はゲーム中と同様に組み換えが可能なため、他の「ACV V.I.」シリーズの機体と組み合わせて、さまざまなカスタマイズも可能となる。

商品価格は20,304円(税込)で、現在「コトブキヤオンラインショップ」にて予約受付中。商品の発売および発送は、2015年8月を予定している。なお、「コトブキヤショップ」(秋葉原館、大阪日本橋、オンラインショップ)限定特典として、サンドカラーのハングドマン頭部と脚部が再現できるアペンドパーツが用意されている。

(C)2015 BANDAI NAMCO Entertainment Inc. / (C)1997-2013 FromSoftware, Inc. All rights rserved.