井岡一翔が判定で3階級制覇し涙 プロ18戦目での達成は史上最短

ざっくり言うと

  • プロボクシングのダブル世界戦で、井岡一翔がレベコを2−0の判定で下した
  • 世界王座の3階級制覇を達成し、日本人選手では史上2人目の偉業となった
  • 井岡陣営によると、プロ18戦目での達成は史上最短という

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング