セルビア大統領機が急降下するトラブル 副操縦士がコーヒーこぼす

ざっくり言うと

  • 17日、セルビアの大統領を乗せた航空機が急降下するトラブルがあった
  • 副操縦士が、こぼしたコーヒーを拭こうとして誤って緊急ボタンを押したため
  • バチカンとの関係強化の機会と見ていたが、法王との面会は中止となった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング