ネッシーを探せ! グーグル本気のプロジェクトが始動

写真拡大

グーグルが、衛星画像マップとストリートビューカメラの総力を結集して、ネス湖の怪獣「ネッシー」の探索に乗り出した。

グーグルが、衛星画像マップとストリートビューカメラを使って、伝説であり、存在しないことがほぼ確実なネッシー(ネス湖の怪獣)の探索に乗り出した。

「ネッシーを探せ! グーグル本気のプロジェクトが始動」の写真・リンク付きの記事はこちら

グーグルは、360度視野のストリートビュー用水中カメラを総動員して、水深約250mのネス湖を探索できるマップを制作した(水中マップ製作には、同じ水中カメラを使って世界のサンゴ礁を記録する活動を続けている「Caitlin Seaview Survey」が協力した)。

またこのプロジェクトには、個人研究者として1,000件を超えるネッシーの目撃情報を集めたと主張し、「Loch Ness and Morar Project」のリーダーを務めているエイドリアン・シャインも参加している(動画冒頭に登場)。

グーグルはこのプロジェクトのために、暗くて濁った水中写真に加えて、新たに水上の画像も数多く公開。ユーザーは湖岸を探索しながら、巨大な恐竜が水中を泳いでいるという伝説のきっかけとなった、1934年の「外科医の写真」(以下の画像)に匹敵するものを自分で探すことができる。

ネス湖は、オイッヒ川からボナ・ナローズにかけて約37kmに伸びる細長い湖で、英国とウェールズにあるどの湖よりも多くの水が存在している。つまりその気になれば、探索対象となる画像は大量にある。

地上カメラで撮影された画像のひとつは、すでに未確認動物を探す人々の間で話題になった。ただし、その画像に写っているのは水に浮かぶ丸太であり、謎の恐竜ではないことはほぼ確実だ。

グーグルは、この写真に関して次のようにコメントしている。「ネス湖の怪獣を見たと主張する人のことを、疑い深い人々は、気が狂っているとか、見たいという思いが強すぎるとか、あるいは酔っぱらっているのだと思うかもしれません」

「けれども、この湖での奇妙な目撃証言には、多くの自然現象が関係しています。船の航跡、鳥、カワウソ、丸太、木、さらに光の反射までもが、正体不明の泳ぐ生き物として誤認されています。これらの視覚的な手がかりと人々の想像力が組み合わさることで、ネス湖の怪獣のミステリーは不朽のものとなるでしょう」

グーグルによると、ネッシーについての検索は毎月200,000件近く行われている。また、Googleマップのネス湖画像は、ネットで英国旅行を楽しむ人々にとって最も人気のある訪問先のひとつとなっており、バッキンガム宮殿やピークディストリクト国立公園をしのぐ人気ぶりだという。

グーグルは4月21日、「外科医の写真」が発表されてから81周年を記念したGoogle Doodleを披露した。愛すべきネッシーが実は潜水艦であり、エイリアンが操縦しているというものだ。

TAG

GoogleGoogleMapsNessyVideoWiredUKWTF