ライカTスナップ HOSOOセット

写真拡大

カメラメーカーのライカは、京都・西陣織の老舗・細尾とコラボ。ライカTシリーズ専用のカメラプロテクター「ライカTスナップ」に、西陣織がデザインされた「ライカTスナップ HOSOO」を発表。

【これぞ伝統美! ライカと西陣織のCOOLなコラボカメラ登場の画像・動画をすべて見る】

ライカ京都店では、「ライカTスナップ HOSOO」とライカT本体、レンズをセットにした「ライカTスナップ HOSOOセット」を、4月23日(木)より15セット限定で発売する。

カラーは2種類で、ブラックが8セット、シャンパンゴールドが7セット用意される。

カメラファンも憧れる人気メーカー!


Leica Store Kyoto


Leica Store Kyoto from Leica Camera on Vimeo.



「ライカ」はドイツの高級カメラメーカーで、そのスタイリッシュな見た目や性能の高さから、愛好家も多い。

ライカTシリーズ」は、レンズ交換式のAPS-Cサイズの高性能なセンサー搭載のミラーレス機で、アルミニウムのシンプルなデザインが特徴的。タッチパネル液晶によるシンプルな操作感も人気だ。

西陣織の老舗による伝統的なデザイン


祇園の風景



今回コラボレーションした京都の西陣織メーカー「細尾」は、「GO ON」というプロジェクトを発足し、伝統的な西陣織のスタイルを、世界的なトップブランドに提供する活動を行っている。

そんな豪華コラボにより誕生した「ライカTスナップ HOSOO」は、デンマークのデザインスタジオ「OeO」のクリエイティブディレクターであり、ライカユーザーでもあるトーマス・リッケさんがデザインを手掛けている。

さらに全て手作業で制作されているため、値段は469,800円から502,200円まで(レンズによる)の高級品となっている。

通常のライカTよりも高級だが、「COOL JAPAN」を感じられるレアな商品となっているので、気になる人は早めにチェックしよう!