ファンが自作! かわいすぎるスター・ウォーズの転がるロボット「BB-8」

写真拡大

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』予告編に登場するローリングロボット「BB-8」を、ファンが自作した。球体ラジコン「Sphero」を改良したシンプルな構造で、なかなかの出来だ。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』予告編に登場する、実にかわいらしい「転がるボール」型ドロイド「BB-8」。これがCGIではないというニュース(日本語版記事)が流れた以上、どこかで誰かがBB-8を製作しようとするのは、当然の流れでしかなかっただろう。

「ファンが自作! かわいすぎるスター・ウォーズの転がるロボット「BB-8」」の写真・リンク付きの記事はこちら

実際、BB-8を製作した者がいる。それも、それほど時間をかけずに。

「最もかわいいロボット」の座をR2D2から受け継いだBB-8の実物が、スター・ウォーズ新作を祝うファンの集い「Star Wars Celebration」の会場で紹介されてからわずか2日後に、この独自のBB-8は製作された。

製作したのは、工業デザイナーのクリスチャン・パウルセン。スマートフォンで操作できる球体ラジコンロボット「Sphero」の第1世代をベースに製作している

パウルセンはSpheroをふたつに割って、姿勢を安定させるために内部に搭載されているアームに磁石を取り付けた。自作した頭部パーツに別の磁石を付けることで、頭部の位置を固定して「下の」球体を転がすことに成功したのだ。

当然ながら、完璧ではない。パウルセンのBB-8は、一方向にしか転がることができない。頭部パーツがあることで、Spheroのバランスが崩れるためだ。動画のなかでも、彼は時々、自作BB-8の軌道修正をしている。

とはいえ、巧みな作品だ。BB-8の人気の高さから判断すると、ほかの誰かがすぐにこれを改良したものをつくることだろう。ディズニーももちろん、12月に映画が公開されたときにファンからお金をふんだくろうと、公式に販売するBB-8(の玩具)の開発に取り組んでいるそうだ(Sphero社は映画に登場したBB-8の製作に協力し、玩具も商品化されると報道されている)。

TAG

MovieRobotStarWarsVideoWIRED UK