『夕溜まりのしおり』(イラスト:岬さん)

写真拡大

動画投稿サイト・ニコニコ動画で歌い手として第一線で活動中のそらるさん。

【そらるインタビュー 「歌ってみた」という最高の遊び場についての画像・動画をすべて見る】

これまでにニコニコ動画に投稿してきた「歌ってみた」動画は200曲以上、総再生数は7000万回超と、活動開始から6年が経つ今もなお、数多くのファンから人気を集めている。その一方、2013年に放送されたTVアニメ『ダンガンロンパ』のエンディングテーマ「絶望性:ヒーロー治療薬」を歌うなど、近年はメジャーシーンでの活躍もめざましい。

4月22日(水)にリリースされた2枚目のソロアルバム『夕溜まりのしおり』では、初の全曲書き下ろし楽曲での収録に挑戦。ニコニコ動画で有名なクリエイター陣による楽曲や、そらるさん本人が手がけた楽曲も収録された、多彩なアルバムに仕上がっている。さらに、アルバムに収録された全15曲がJOYSOUNDからカラオケ配信されることが、発売日前の段階で既に決定している。

そんな彼が、長年のキャリアの中で感じた「歌ってみた」の魅力、そして今回リリースされたアルバムや「歌ってみた」文化に対する思いを、赤裸々に語ってくれた。

(取材・文/鎌田篤・米村智水)

ニコ動との出会いとその魅力



──そらるさんは、2008年頃から歌い手活動をニコニコ動画でされていらっしゃいますが、ニコ動に「歌ってみた」動画を投稿したきっかけというのは?

そらる 実は、子供のころはほとんど意識して音楽を聴いたことがなかったんです。高校生の頃から当時流行っていた音楽をいろいろ聴くようになって、遊びでバンドを組んだり、弾き語りをしたりしていました。主にBUMP OF CHICKENとかThe Pillowsとか、ロキノン系アーティストのカバーが多かったですね。

その後、大学でもサークルでバンド活動を続けていたんですが、そこではじめてパソコンを持って、ニコ動や「歌ってみた」の存在を知りました。それまで音楽って、多くのプロたちが関わってつくるものだと思っていたのが、そうやって個人でもつくって発表できるものなんだということを知って、自分も同じことをしてみたいなと思ったのがきっかけでした。

【ニコニコ動画】モザイクロール 歌ってみた【そらる】

──ニコ動といえば、当時はボカロや同人音楽といったジャンルの動画の人気が高かったと思うのですが、そういったものにも興味はあったのでしょうか?

そらる 正直、はじめは「なんで素人の歌を好き好んで聴かなきゃいけないんだ?」と思っていましたね(笑)。お金を出せば、CDでもっと質のいい音楽が聴けるじゃんって。ただ、いざ聴いてみるとすごく魅力的なものが溢れていて、さらにそれが個人でつくられたもので、タダで聴けるということが当たり前の環境にはすごく驚きました。

今の同人音楽でも、プロや商業作品と比べたら、遜色がなくなってきているとはいえ、クオリティ自体は劣るもののほうが多いとは思いますが、個人だけでつくられているからこそ出せる曲だったり表現だったり、プロではかけられない長い制作時間だったり……そういった魅力は、やっぱりここにしかないものだなと感じました。

このアルバムは自分の歴史の「しおり」



──今回のアルバム『夕溜まりのしおり』では、さまざまなクリエイターさんとコラボされていますよね。ひとりの作曲者さんだけではなく、いろいろな方とコラボを行った理由とは?

そらる 個人で出している他の歌い手さんとの合作CDでは、ひとりの作曲者さんと一緒にやる形が多かったんですが、今回は自分のソロアルバムということもあって、色々な人と一緒にやりたいと思っていました。自分が好きなクリエイターさんに書き下ろしをしてほしいって考えていたら、自然とこのアルバムの形になっていきましたね。

基本的には今まで自分が歌わせてもらった曲をつくっている方だったり、一緒に同人でCDや楽曲制作したことがある方が大半だったので、クリエイターがバラバラでも、ギャップはあまりなかったですね。その人らしい曲を書いてくださいってどの人たちにも頼んでいたんですが、どれもすごくいい曲ばかりで。曲によって歌うのが大変だったこともありましたが、そこまで歌えないっていうものはなかったかなと。というのも、作曲者さんが自分をイメージして書いてくださったのと、これまでその人たちの曲をたくさん歌わせていただいてきたからだと思います。

【ニコニコ動画】ユラユラ / そらる×ナノウ

──アルバムのジャケットを手がけられた岬さんにも、ご自身でお声がけされたのですか?

そらる そうですね。岬さんのことは、すごく魅力的な絵を描く人だなと思っていて、もともとファンだったんです。僕の友だちが岬さんの友だちで、その友だちが岬さんに僕について話をしていてくれて、それでジャケット制作を受けていただいたんです。このジャケットが店頭にズラッと並ぶと思うと楽しみですね。ハッとするようなものになっているなと思うので。

──今回のアルバムのコンセプトは?

そらる 活動開始から6、7年、「歌ってみた」動画を投稿し続けてきましたが、そんな自分の歴史みたいなものを本にした時にしおりになるような──読み返すときにその時のことを思い出せるような──そんなアルバムにしたいと考えていました。自分で書き下ろした楽曲「夕溜まりのしおり」や、他の方に書き下ろしてもらった楽曲も、そういう内容になったかなと。今まで自分がやってきたことを詰め込んで、これから先につながっていくようなものができたらという思いを込めてつくりました。

──そらるさんにとって、今までの活動の指標といった位置づけでしょうか。

そらる そうですね。今まで商業や同人に限らずアルバムを出してきて、「これは完璧だ」って思えたことは一度もなかったんです。もっとうまく歌いたい、もっとこうしたいっていう思いは、いつもついて回ってくる。ただ、時間を置いて聴いてみると、いい部分もたくさんあるなって感じることも多くて、少しずついいものにはなっていると思います。それに、自分に満足してしまったらそこでおしまいかな、とも思うので。この思いのまま作り続けていきたいですね。

歌ってみたは「遊び」、仕事は仕事



──最初は歌い手として「歌ってみた」動画の投稿をしていても、メジャーデビューなどをきっかけに動画投稿をやめて、「歌い手」と名乗らなくなってしまう方もいらっしゃいますよね。一方そらるさんは、いまだにニコ動で動画も投稿され続けていますが、そこにはどういった意図があるのでしょうか?

そらる それは単純に「歌ってみた」が、遊びとしておもしろいからですね。

──歌い手活動は「遊び」という感覚はまだ残っていると。

そらる そうですね、あくまで趣味、遊びなんです。その感覚は変わらないかなと。好きな曲を好きなように歌って、それをたくさんの人に聴いてもらえる、(引きこもりがちな自分にとって)すごくコスパのいい遊びなんですよ。音源をつくるのも好きですし、ミックスやマスタリングといった技術も勉強して、少しでもクオリティの高いものをつくりたい。それは直接仕事にもつながったりもしますが、あくまでこれからも遊びとして続けていきたいなと思います。

──とはいえ、そらるさんのようにここまで有名になられると、若干そういった感覚からずれてきてしまうと思うのですが、どう折り合いをつけているのでしょうか?

そらる もちろん、CDやライブのように、人からお金をもらったり、お金を出して見に来てもらったりという行為を遊びだと言いきってしまうのは、失礼というか意識が足りないなと思うので、ちゃんとそこでは仕事という意識をもって動かなきゃいけないとは思っています。

ただ、動画投稿に関しては、自分が満足するものが出せたらそれでいいんですよ。そんなに気張らずにやってこられたからこそ、いまだに投稿ペースも変わらずにずっとやれているんだろうなと思います。動画投稿で歌いたい曲もまだまだたくさんありますが、これからもそのスタンスは変わらないですね。

【ニコニコ動画】カゲロウデイズ 歌ってみた【そらる】

ニコ動だからこそ生まれる音楽



──最近では「ニコニコ超会議」や「ニコニコ町会議」といったイベントに出演したり、メジャーデビューを果たしたりといった歌い手さんも多く、「歌ってみた」文化になじみがない人にも浸透しつつあると思います。

そらる 昔よりも「歌ってみた」というカテゴリにチャンスが増えた分、目標を持ってはじめる人が多く出てきたと思います。昔は「歌ってみた」動画を投稿するところから、ライブに出演したりCDを出したりっていう発想にそもそもつながらなかった。再生数が増えたら嬉しい、たくさんの人に聴いてもらえる、動画投稿のモチベーションって誰しもただそれだけだったと思うんですよ。

でも今は、そこからCDデビューにつながったり、メジャーデビューしたりライブに出演したりと、歌い手という存在自体をそういうデビューのチャンスとして見ている人もたぶん増えたのではないかと。それによって、「歌ってみた」文化自体の立ち位置も変わったなとは思います。けれど、好きな曲を好きな人が歌う、そういう根本的な部分はやっぱり変わらないでほしいなって。

──それがそらるさんにとっての「歌ってみた」なんですね。

そらる 「歌ってみた」っていうのは、ひとつの楽曲でも歌う人によってさまざまな表現の仕方がある。聴く側も、たくさんの人の「歌ってみた」を聴いて、その中から自分に合ったボーカリストを選ぶっていうことはニコ動だからこそできることであって、それはすごく魅力的なことだなと思います。リスナーにとってはもちろん、それはクリエイターにとっても楽曲制作に活きてきますね。自分の楽曲にあったボーカリストを探して、歌ってもらうことができる。

今では個人でできることの幅がすごく広がっていて、商業と比べても、普通に聴いたらそんなにわからないぐらいのクオリティまではきている。でも、できるなら全部自分ひとりでやったほうが、作品の一貫性みたいなものが生まれると思うんですよね。もしくはクリエイターとボーカリストが、作品をつくる段階から近い立ち位置で意識のすり合わせをしていくように心がけたりとか。

全部自分でやったりとか、あるいはクリエイターとボーカリストが友だち同士だったりとか、そういう関係だからこそつくり出せる密度の濃い作品、人間性がもろに出るような作品。同人音楽ではそういった作品が生まれる傾向が強いと思う。そういったものが歌い手というものに限らず、これからもたくさん出ればいいなと。

どんなものでも盛り上がっている時もあれば落ち込んでいる時もあるし、あるいは「歌ってみた」という文化も終わる時がくるかもしれない。でも「歌ってみた」っていうのは僕にとってすごく楽しい遊び場なので、盛り上がってどんどん広がっていったらいいなと思います。あまり人にあれこれ言えるほどえらい立場じゃないですが、みんなが楽しんで盛り上がってくれればそれでいいかなと。

これからも色々なことを楽しんでいきたい



──次のアルバムの構想はもうすでにお考えなのでしょうか?

そらる いや、このアルバムも3年ぶりなので、次にいつ出すかはわかりませんね。またどこかで、この時より成長できたなっていう時が来たときに出せたらいいかなと。他にいろいろやってみたいこともありますし。

たとえば最近だと、まふまふっていう歌い手さんと一緒にラジオをしたり、あと演技の稽古も受けていたりします。ライブで朗読をやったりしているんですけれど、そういうところで聴いてもらえたりとか、演じるということがライブや歌の表現にもつながるかなと。

【ニコニコ動画】ひきこもらないラジオ【第0回】-あいさつのような何か-

とは言っても、自分が歌を続けていく中で具体的にこうなりたいっていう目標はあまりなくて。色々なことに挑戦する中で、チャンスがあったり、できることが増えていく中で、自分が楽しいなと思うことに手を出していけたらと。それは歌だったり作曲だったりエンジニアとしての技術だったり、あるいはまた別のことかもしれませんが。それでも、基本的には変わらず色々なことを楽しんでいけたらいいなと思っています。