銀行ATMのお昼寝猫 動物愛護センターに保護されていた

写真拡大

 新潟県長岡市で撮影された、銀行ATMでお昼寝する猫を昨日(4月21日)記事で紹介させていただいたが、その猫が新潟県動物愛護センターで保護されていることが分かった。

【関連:銀行ATMを猫が占拠!?昼前で賑わうATMコーナーが一瞬でほっこり】

銀行ATM猫

 話題になった当初、首に水色の首輪がつけられていたことから飼い猫であると思われていた。しかし迷い猫だったようで、保護した同センターでは現在飼い主を探している。

 保護日は4月21日、種類はミックス、性別はオス、鈴付きの水色首輪がつけられており、保護された地区は長岡市谷内地内で銀行の地区と一致する。また体や顔の模様も話題になった写真と一致している。

 この件について、ツイッターで銀行ATMでの昼寝姿を紹介した高橋昭夫さんは、「先日の“ATMねこ”が新潟県動物愛護センターに保護されています!飼い主の方いませんか?」と強く呼びかけている。

 心当たりのある方は新潟県動物愛護センターに直接問合せをしてほしい。返還は土曜日、日曜日、祝日でも可能。返還手続きの受付時間は8:30〜17:15となっている。

▼詳細
http://www.pref.niigata.lg.jp/seikatueisei/1333314133188.html