史上最年少26歳のカンヌ審査員、映画「Mommy/マミー」の監督を選出。

写真拡大

5月13日から24日まで開催される、2015年度「カンヌ国際映画祭(The 68th Festival de Cannes)」の審査員に、映画「Mommy/マミー」のグザヴィエ・ドラン監督(26歳)が史上最年少で選出された。

昨年のカンヌ国際映画祭において審査員特別賞を受賞し、審査員長のジェーン・カンピオン監督からも絶賛された“エキサイティングな新世代”のグザヴィエ・ドラン監督。カルチャーシーンのゲームチェンジャーが、審査員中唯一の20代という視点から自身の票を投じ、2015年度における映画界の頂点を決めることになる。

今年度の審査員長は、米国の映画監督ジョエル&イーサン コーエン兄弟の2人。グザヴィエ・ドラン監督を含むほか7人の、世界の映画界を象徴するキーパーソンとあわせた全9人によって、パルム・ドールをはじめとする受賞者を決定する。

☆2015年度カンヌ国際映画祭 審査員長/審査員

ジョエル&イーサン コーエン(監督/米国)

ロッシ・デ・パルマ(女優/スペイン)
ソフィー・マルソー(女優、監督/フランス)
シエナ・ミラー(女優/英国)
ロキア・トラオレ(作曲家、シンガーソングライター/マリ)
ギレルモ・デル・トロ(監督/メキシコ)
グザヴィエ・ドラン(監督/カナダ)
ジェイク・ギレンホール(俳優/米国)