変わらない安心感

写真拡大

年度が変わって、生活スタイルが変わった人も多いだろう。慣れない家事や仕事に奮闘するなかで、食事が気になることも多い。発売から30年以上を経てなお「バランス栄養食」として支持される大塚製薬の「カロリーメイト」は、そうした時に頼れる存在の一つのようだ。利用者のレビューを見てみよう。

防災グッズとしても重宝される

Amazon.co.jpのレビューを見てみると、やはり仕事の合間に食べる人が多いようだ。カロリーメイトは日持ちするため、デスクの引き出しに常備して、時間が空いたときに栄養補給するケースがポピュラーだ。

「仕事が忙しい時などの栄養補給として袖机に常備しています」
「忙しい朝や疲れた時の糖分補給にも便利な食品です。長時間の外出時には一箱だけ忘れずに持ち出すようにしています」
「スポーツジムに通っています。栄養の補給にバランスの良い補助食品として、手取り早く常にバックのお供です。安心して、運動でき健康を保つ事ができています」(原文ママ)

といったように、仕事やプライベートの頼れる相棒として購入されているようだ。

また、「防災グッズ」として利用されている側面もある。簡単に栄養補給でき、調理不要とあって、いざという時の「お守り」として購入することも。

「お湯や火がなくても食べられるものをと探していたところ、この商品を見つけました。最近は地震や噴火など自然災害が多いので、いざという時には貴重な食品となると思います」
「保管スペースも小さいです。定期的に、食べて入れ替えしても無駄にはなりません」

身体に必要なたんぱく質や脂質、糖質、11種のビタミン、6種のミネラルがバランスよく含まれているカロリーメイト。1本100キロカロリーと、計算がしやすいのもポイントだ。プレーン、チーズ、フルーツ、チョコレート、そしてメープルの5タイプがある。