ビジネスモデルながらVAIOらしくサウンド面にもこだわり

写真拡大

パソコン(PC)やその関連製品を手がけるVAIO(長野県安曇野市)は、ビジネス向け機能を強化した15.5形スタンダードノートPC「VAIO Fit(バイオ・フィット) 15E | mk2(マーク2)」を2015年4月23日に発売する。直販価格は5万6800円(税別)から。

ビジネスシーンのニーズに応えるアナログRGB端子、TPMセキュリティチップ搭載

基本機能を充実させたオールインワンスタンダードタイプ。ビジネスシーンでの高いニーズに応えアナログRGB端子を装備し、OSや他のハードウェアから独立して機能し安全性を高めるセキュリティチップ(TPM)を採用した。休止や電源オフ状態からリモート起動できる「Wake On LAN機能」に対応。

OSは「Windows 8.1 Update」(64bit版)。15.5型ワイド液晶や光学ドライブ、テンキー装備のキーボードなどを搭載。光学ドライブはDVDスーパーマルチのほかブルーレイ(BD)も選択可能(5月出荷)。大型ボックススピーカーとサブウーハーを搭載し、迫力あるサウンド再生が可能だ。

「VJF1529UAJ1B」(ブラック)と「VJF1529VAJ1W」(ホワイト)は、ディスプレイが15.5型フルHD液晶(1920×1080ドット)。CPUが「Core i7 4510U」、メモリーが8GB、ストレージが1TB HDD。BDドライブ搭載。

「VJF1529RCJ1B」(ブラック)と「VJF1529SCJ1W」(ホワイト)と「VJF1529TCJ1P」(ピンク 6月出荷)は、ディスプレイが15.5型WXGA液晶(1366×768ドット)。CPUが「Celeron 2957U」。メモリーが4GB、ストレージが1TB HDD。DVDスーパーマルチドライブ搭載。