©2015 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

写真拡大

いよいよ4月25日(土)公開の短編『アナと雪の女王/エルサのサプライズ』。

この記事の完全版を見る【動画・画像付き】

日本語吹き替えでは神田沙也加さん、松たか子さん、ピエール瀧さんの続投が発表されました!

試写会で実際に鑑賞したライターが、アナ雪続編短編の魅力をお届けします。

本編『シンデレラ』とあわせて必見です!!

■アナの誕生日を祝うエルサが風邪をひいてしまう?

これまでアナの誕生日をきちんと祝ったことがないエルサ。

今回は最高の一日にしようと気合の入り方が違います。

なんでも完璧にしようとするエルサですが、風邪をひいてしまい……

短編の原題は「Frozen Fever」。

Feverは熱という意味もあります。

Let It Goの有名な歌詞"Cold never bothered me anyway"(少しも寒くないわ)のColdも風邪という意味があります。

言葉遊びも楽しいはちゃめちゃストーリー。

アナの誕生日を祝うため、エルサをはじめとするアナ雪キャラクターが勢ぞろいする楽しいお祭りのような物語です。

■アナ雪のキャラクターが勢ぞろい!

『アナと雪の女王/エルサのサプライズ』は、6分ほどの短い短編ながら、アナ雪に登場したおなじみのキャラクターが勢ぞろい。

アナとエルサはもちろん、オラフにクリストフ、スヴェン、さらにはマシュマロウにオーケン、そしてあの隠れた人気キャラクターも。

たくさんのキャラクターがどんなシーンで登場するかも楽しみのひとつ。

完璧主義者のエルサをはじめ、それぞれのキャラクターらしさが、短い作品の中で大いに発揮されています。

ただお祭り騒ぎなだけでなく、アナ雪のその後も描き、ファンにはたまらない内容になっています。

さらに、新キャラクターも登場。

エルサがくしゃみをすると現れる小さな雪だるま「スノーギーズ」。

可愛らしいスノーギーズが楽しいお祭り騒ぎを加速させていきます。

■吹き替えも続投! 再結集したオリジナルキャスト

『アナと雪の女王/エルサのサプライズ』は、監督や作曲家をはじめ、声優までオリジナル版のスタッフが再結集して制作されました。

そしてこのたび、注目されていた日本語吹き替えキャストも発表されました。

アナ/神田沙也加
エルサ/松たか子
オラフ/ピエール瀧

と、日本語吹き替えキャストも続投が決定!

神田沙也加さんは、

「沢山の人たちに観て頂いて、そのうちいつかアナの声を演じることが出来たらいいなとは思っていましたが、まさか翌年来るとは思いもしませんでした、本当にびっくりしました! エルサはすごく心を開いてくれて、それによってアナは甘えん坊になれた感じがします。何といってもエルサが普通に姉として朝、起こしに来てくれるんですよ!それだけで泣けてしまいますね。」

とコメント。

そして、つい先日出産されたばかりの松たか子さん、彼女もしっかり歌います。

歌については、

「今回も難しいですね、リズムも変則的で。でもすごくいい曲で面白いです。」

と語り、

「この短編ではアナの方がお姉さんみたいな感じがよく出ていて、可愛いエピソードだと思います。やっとここに来て初めて打ち解けられて、姉妹らしい関係になれました。」

とコメントしました。

■新たな楽曲によるミュージカル短編

『アナと雪の女王/エルサのサプライズ』では、本編のほとんどが新曲「パーフェクト・デイ〜特別な一日〜」にのせたミュージカルです。

アナ雪本編にはなかった、アナとエルサとオラフとクリストフが一緒に歌う、まさにオールスターのミュージカル楽曲になりました。

鑑賞後も頭に残る、まさにアナ雪らしい曲です。

作曲はLet It Goなどの名曲を生み出したロペス夫妻が再登板。

ロバート・ロペス「エルサは心の奥底では、パーティーは中止にして、ベッドで休んでいたほうがいいと思っています。でも彼女はすごく強い女性だし、妹への愛も揺るぎない。なのでこの歌には、特にそのピアノ部分において、強靭な活力と力強さがあります。」

クリスティン・アンダーソン=ロペス「私たちが目指していたのは、彼女が具合が悪くなっていくシチュエーションと戦えるような、完璧な晴れた日の午後のような歌でした。そうすることで笑いの要素を加えることができました。
声の出演者と再び手を組むのは、まるで旧友と再会するような感じでした。一緒にああいう並はずれて素晴らしい経験をしたからこそ、この絆は消えることがないと思っています。」

■実写版『シンデレラ』とあわせて必見!

『アナと雪の女王/エルサのサプライズ』は実写版『シンデレラ』の同時上映短編として公開されます。

『シンデレラ』はウレぴあ総研でも度々その魅力をお伝えしている、この春一押しの大傑作。

“アナ雪続編”というネームバリューや、そのバーターとして売り込むような作品では決してありません。

それぞれが制作陣の愛と確かな実力をもって作られた、歴史に残る名作となるでしょう。
ぜひ劇場でディズニーの世界観を満喫してください!