日本伝統の組紐をアレンジ、アクセサリーを楽しくつくれる

写真拡大

タカラトミーグループのタカラトミーアーツ(東京都葛飾区)は、クラフト玩具「KUMIHIMO LOOMY(クミヒモルーミー)」を2015年4月23日に発売する。価格は2500円(税別)。

日本古来の伝統工芸である「組紐(くみひも)」の技術を取り入れ、より身近に簡単につくれるようアレンジ。カラーコードをプレートにセットし、スリットに順番に挟んでいくだけで、ブレスレットなどポップなアクセサリーをつくれる。長さや留め方を変えれば、ネックレスやヘアゴム、ストラップなどもつくって楽しめる。

組紐を編むための「LOOMYプレート」は軽くて手に馴染みやすい発泡ウレタン製で、小さな子供も片手で持って使える。パッケージ内容は「LOOMYプレート」1枚、「ビーズ」3色・合計90個、「チャーム」星・ハート各6個、「カラーコード」(6メートル)×8本。付属品とは別色のカラーコード「No.1パステル」「No.2クール」も同時発売。今後、カラーコードの新色バリエーション追加を予定しているという。